自分のことは棚に上げていい

「寅さんおかえり」
タコ社長は、いつものように勝手に人の家に入ってくると、半年ぶりに帰ってきた車寅次郎に声をかける。

「よっ、社長。相変わらず経営は苦しいか?」
団扇で蝿を追い払いながらビールを飲んでいる車寅次郎は、相変わらずの憎まれ口を叩く。

「大変なんてもんじゃないよ」タコ社長はうっかり油まみれのタオルで、汗の滲んだ太い首を拭いながら答える。「もう、首をくくってしまいたいよ」

「へ〜っ。それが首かい」車寅次郎は細い目を凝らして、タコ社長の油で汚れた首筋を見る。「タコに首があるなんて、俺は初めて知ったよ」

「な、なにを…」短気なタコ社長の顔は見る見る間に、茹でダコのように真っ赤になる。「寅さんに面のことは言われたくないね。自分だってカニみたいな四角い顔しているくせに。カニなんて首どころか、顔に足が生えているだけじゃないか」

「ハハハ」
タコ社長が自分の顔を両手で挟み、蟹の足のように指を動かしてみせると、おいちゃんは不用意にも笑ってしまう。

車寅次郎はおいちゃんをキッと睨んだ後、手にした団扇をタコ社長めがけてなげつける。
そしていつもの啖呵だ。
「おい、タコ。表にでろ! 今日は、ただじゃ済まさねえぞ」

「おお、やってやろうじゃないか。こっちこそ、半殺しにしてやる」
タコ社長は腕まくりをして、その喧嘩を買う。

「やめてよ。お兄ちゃん」
すかさず、さくらが仲裁に入る。

「そうですよお兄さん。久しぶりに帰ってきたんですから、喧嘩なんてやめて、楽しく夕食を食べましょうよ」さくらの夫博も、仲裁に加わる。「ほら、社長も大人げないことはやめて。お兄さんがおみやげに買ってきてくれた、くさやで一杯やりませんか」

「ふん」タコ社長は吐き捨てるように言う。「俺はねえ、何が嫌いって、くさやほど嫌いなものはないんだ。あんなうんこみたいな匂いのするものを口に入れたら、口の中が厠になってしまうよ」

「な、なんだと…」車寅次郎はくさやを手にとると、今度はそれを投げつけようと腕を振りあげる。「テメエのたらすくそは、このくさやの何倍もくさいくせに。よくもそんなことをいえたもんだ」

「もう、いい加減にして!」
おばちゃんが着物の袖を目元に当て、泣き始める。

車寅次郎はそれで戦意を喪失して、舌打ちをしながらくさやを皿に放り投げる。
そして一張羅の背広の上着とトランクを手にすると、「俺は旅に出るぜ。止めるな、さくら」と捨て台詞を吐き、一呼吸おいて「止めるなよ」と繰り返した。

しかしさくらは、その言葉と裏腹な兄の想いを汲もうとしない。
押し黙ったまま、そっぽをむいている。

「止めないのか、さくら」
見かねたおいちゃんが声をかける。

「だって…」とさくらは、涙声で答える。「お兄ちゃん、ひどいことばっか言うんだもの。自分のことは棚に上げておいて…」

「なんだよ。その言い草は」車寅次郎は細い目をつり上げると、手にしたトランクを再び床に置く。「自分のことを棚に上げてものを言うから、世の中うまくいくんじゃないか」

「どういうことですか、兄さん」
涙で声がでないさくらにかわって、博が訊く。

「オマエは学があるようで、何もわかっていないねぇ」
寅は博のまえにどっかと腰を下ろす。

「スミマセン」
博はペコリと頭を下げる。

「いいかい」寅は講釈を始める。「みんな、どこか欠点をもっているものだよ。でも頭に血がのぼると我を忘れて、つい他人に注意をしてしまう。それが人間てもんだ。わかるかい」

「ええ」
博は素直に頷く。

「それを、自分は欠点だらけの人間だから、何も他人に注意できない身分だと、世の中の人間全員が遠慮したらどうなると思う」

「だれも、注意する人がいなくなってしまいますね」

「だろ」寅は勝ち誇った表情を浮かべて博を見る。それから居間に集まった全員の顔を見回す。「だから、自分のことを棚に上げて、他人に注意していいの。わかりましたか、みなさん」

居間に集まったご一堂は、妙に説得力のある車寅次郎の講釈に返す言葉もなく、ただ頷くだけだった。

スポンサーサイト

途方もなくていいの

「もう年の暮か、早いねぇ、一年がたつのは」
おいちゃんが、とらやの外を眺めながら、お茶をすする。

「本当ねぇ」さくらも、店のテーブルを拭きながら、外に目をやる。「お兄ちゃん、今頃どうしているかしら」

「そういえば、もうそろそろ帰ってくる頃じゃないかい、寅ちゃん」
奥で片付けものをしているおばちゃんが、暖簾から顔を出す。

「嫌だよ。変なことを言わんでくれ。縁起でもない」
おいちゃんがそう返すと、店先を行き交う人達がざわつき始めた。

何だと驚いて、おいちゃん、おばちゃん、さくらは店先に体をむける。

すると、噂をしていた車寅次郎が、杖をつきながらよろよろと店の中にはいってきた。
そして意識朦朧とした様子で言った。
「すみません。あたくし車寅次郎と申しますが、とらやさんはこちらでしょうか?」

「何言ってんだよ」おいちゃんが返事をします。「ここがとらやじゃないか」

「えっ…、あっ、本当だ」
寅は細い目を見開き、店の中を見回した後、おいちゃんたちを確認する。
それでほっとしたのか、崩れ落ちるように店の椅子に腰をおろす。

「どうしたの、お兄ちゃん」
さくらが心配そうに声をかける。

「はるばる九州から帰ってきたのよ」寅は客が残した団子を頬張りながら答える。「それがさぁ、途中でお金がなくなっちゃって、三日三晩、何も食わずに徒歩の旅よ」

「まぁ…」おばちゃんが驚いて声をあげる。「それじゃ、お腹がすいただろ、お夕飯はごちそうを作ってやるからね」

「馬鹿!」と、おいちゃんが注意する。「三日三晩何も食べていない人間に、そんなもの食わしたら毒だろ。おかゆでもつくってやれ」

「そうだね、はいよ」と、おばちゃん。

「そんなことよりも…」団子をたいらげて少しは空腹感がおさまったのか、寅はさくらに尋ねる。「俺に便りがきていなかったかい」

「そういえば、きてたわ」さくらは居間に上がると、探した便りをもって寅のもとに戻ってくる。「ええと、三井はるかさんという方からよ」

「な、なに!」
その名前を訊くやいなや、抜け殻のようだった寅の身体は生き返ったように反応し、さくらからハガキを奪い取ると、細い目で食い入るようにそれを読む。

「三井はるかさんて、どういう方?」と、さくらが尋ねる。

「ええ…、そんなことを説明している暇はないよ」ハガキを読み終えた寅はそう答えると、うろたえたように立ち上がり、トランクを手に外に出ようとする。「早くしないと、はるかさん、死んじゃうかもしれない」

「なに、その人、病気なの?」と、声をかけるさくら。

「病気じゃないよ!」と、かみつく寅。そして手にしたハガキをさくらの前に突きだして言う。「はるかさんというのはねぇ、大失恋して傷心の一人旅をしていた娘さんなんだ。その子がだよ、死ぬ前に一目寅さんに会いたかった、と書いて寄こしたんだ、このハガキに。まだ、心の傷が癒やされていなかったのかなぁ。かわいそうに…」

「でも、行く先はわかるの?」と、さくらは尋ねる。

「わからないよ、だから捜しにいくんだろ」と、混乱した寅は理屈にもならないことを言う。

「そんな途方もないことを、馬鹿だねぇ」
おいちゃんは呆れたようにため息を盛もらすと、老眼鏡をかけて読みかけの新聞に目を移す。

「途方もなくていいの!」
カチンときた様子の寅は、おいちゃんを睨みつける。

「それはどういうことだ、おい、寅」おいちゃんは売られた喧嘩は買うといった感じで、中腰になる。「いくら狭い日本だからといって、ひと一人を探すとなれば、どのくらい日にちがかかると思っているんだ。常識でものを考えろ」

「ふん、常識ですか」寅は馬鹿にしたように鼻で笑う。「そんなことを言っているから、いつまでもこんなしがない団子屋をやっているんだ」

「な、何だと…」おいちゃんは、手にした新聞を寅にむかってなげつける。「カタギの商売をしたこともない、お前に言われたくないよ!」

「だったら、はるかさんを、見殺しにしろってのかい!」寅は足元に舞い落ちた新聞を拾うと、それを丸めておいちゃんになげつける。「いいかい、おいちゃん。途方もないからやらないって言っていたら、おいちゃんが馬鹿面をして観ているテレビだって、さくらが配達につかっているバイクだって、この世に創造されなかったんだぞ。そうだよ、何だって最初は、途方もない空想からはじまったんだ。そのうち、宇宙旅行だってできるようになるかもしれない」

腕まくりをしかけたおいちゃんだったが、妙に説得力のある車寅次郎の講釈に返す言葉もなく、疲れたように腰をおろした。

血圧高くていいの

「ちょっと満男、何この成績。ちゃんと勉強したの」
さくらは、満男がもらってきた通信簿から目をあげると、深い溜息をついた。

「ちゃんとしたよ。うるさいなぁ」
満男は母親から背をむけると、ゲームポケコンに視線を落とす。

「親に向かって、うるさいとは何よ」さくらは満男からゲームポケコンをとりあげる。「こんなので遊んでばかりいるから、こういう成績をとるんでしょ。しばらくゲームは禁止よ」

「え〜っ」
大きな声で不平を言う満男。

「何だ満男、そんなに成績がわるかったのか」
同じ座卓で、先程から深刻な顔で健康診断の結果を見ていたおいちゃんが満男に声をかける。

「まあね」と答える満男。そしておいちゃんが手にする健康診断結果書に目をやる。「何それ、通信簿?」

「まぁ、そんなようなもんだ」おいちゃんは弱々しく笑って答え、再び老眼鏡をかけ、深刻な表情で健康診断書を読む。「弱ったなぁ、160もあるぞ」

「160すごいじゃん」満男は尊敬の眼差しでおいちゃんを見る。「100点を60点もこえているんだ」

「いや、これは高ければ高いほど困るんだ。血圧だから」
おいちゃんは苦笑いする。

「何だ、健康診断の結果か」
満男はつまんなそうな表情を浮かべ、仰向けに寝る。

そこへ便所から出てきた車寅次郎が現れる。
「今日も快便、快眠。人間なんたって健康が一番だね。おいちゃん」

「お前は平和でいいねぇ」
おいちゃんはため息をついて、再び健康診断書に視線を落とす。

「何その言い方。俺が健康じゃいけないの」
寅次郎はおいちゃんと向かい合わせの席に腰を下ろすと、睨みを入れる。

「おじちゃんは、健康診断を受けないの?」
隣にいる満男が起きあがり、寅に尋ねる。

「受けない」寅は即答する。「俺注射嫌いだし、健康保険? あれ入っていないもん」

「じゃぁ、血圧とかわからないじゃん」と満男。「それ、高ければ高いほど、悪いんだって」

「へぇ〜、そうなの」と寅。

「そうだよ。お前もいい歳なんだから、注意したほうがいいぞ」
おいちゃんは口を挟むと、健康診断書を指差し、バタバタ揺すった。

「なんだよ、それ」寅は、おいちゃんから健康診断書を取る。「へぇ〜、これが健康診断書か。初めて見た。で、血圧だって…、おいちゃん160もあるの。これ高ければ、高いほど悪いんだろ。じゃ、このGDPってのも高ければ高いほど悪いんだ」

「GDP? そんなのあったか」おいちゃんは寅の後ろに回り、健康診断書をのぞき込む。「馬鹿、r-GTPじゃないか。肝機能の値だよ。GDPが高ければ高いほど悪いんじゃ、日本の経済はガタガタだよ」

「何だ、よくわからねぇや」寅は面倒くさそうな表情を浮かべ、健康診断書をおいちゃんにほうり返す。「で、血圧が高いと、どんな感じになるんだい。心臓でもドキドキするのかね」

「心臓がドキドキするって、初恋みたいだね」
小学生坊主の満男がませたことを言う。

「初恋か」寅はいやらしい表情を浮かべて返す。「だったら血圧が高いのも悪くないねぇ。いつも初恋のようなトキメキを味わっていられるんだもの。なぁ、おいちゃん」

「…」
おいちゃんは呆れて返事もできないといった感じで、健康診断書を拾いあげると、自分の席に戻る。
そして深い溜息をついて、ポツリと独り言をもらした。
「だれのせいで血圧が高くなっているのか、わかってもらいたいもんだ」

寅さんの白熱教室(上)

車寅次郎と、甥っ子の満男は居酒屋のテーブルに向かい合って座っている。
浪人中の満男が、何やら悩みがあって勉強に身が入らないから相談にのってくれないかと妹のさくらに頼まれ、久しぶりに帰省した寅は安請け合いしたというわけだ。

「さ、一杯いこう」寅は瓶ビールを傾け、満男のつきだすグラスにビールを注ぐ。「へ〜え、お前も酒を飲めるようになったか。二、三年前は、まだオムツしていたのになぁ」

「そんなわけないだろ。その計算でいったら、オレはまだ5歳のガキだよ」満男はグラスから溢れそうになるビールをあわてて飲みながら言う。「オレもう、19だよ」

「そうか19か」
寅は手酌で自分のグラスにビールを注いで、驚いたふりをしてみせる。

「だから、本当はまだお酒いけないんだけどね」

「かまうもんか」寅は笑い飛ばして、満男のグラスにビールをつぎ足す。「オレなんて、15で酒の味を覚えたぞ。19なんて遅いくらいだ」

「かなわないなぁ」
満男はそう言って、ビールを苦そうに飲む。
酒に慣れていないので、すでに顔が赤くなり始めている。

「で、どうだ。浪人生。勉強の方は順調にいっているか?」
寅はグラスのビールを半分ぐらい空けてから、さっそく本題に入る。

「う〜ん、ボチボチかなぁ」
気のない返事をする満男。

「なんだ、その様子じゃ、あまりマジメに勉強していないな、マジメに」

「なんかさぁ、わからなくなっちゃたんだよね」
満男は酒臭いため息をついて言う。

「何をだよ」

「大学に行く意味だよ」満男は頬杖をついてビールを舐めながら答える。「親はさぁ、いい会社に入るためにいい大学に行けというけれど、予備校に通うのに電車をつかうだろ。そのとき、朝の満員電車にゆられるサラリーマンを見ると、みんなつまんなさそうな顔をしているんだよねぇ。会社に行くのが嫌で嫌で仕方ないような」

「まぁ、ストリップ劇場にいくわけじゃないからな」

「そんな生活を何十年もしなければならないのかと思うと、勉強をする気が失せるんだよね」
満男は隣の席で愚痴をこぼし合う勤め人よりも、もっと年季の入ったような愚痴をはく。

「だったらお前。おいちゃんの家の隣の工場で働いたらどうだ。あのタコ社長の」寅は名案が浮かんだというように膝を叩いて言う。「吹けば飛ぶようなボロ工場だけど、あそこなら徒歩でいける。通勤地獄を死ぬまで味あわなくて済むぞ」

「やだよ。オヤジと一緒に働くなんて」満男はにべもなく却下する。そしてマジメな顔をして寅を見る。「ねぇ、おじさん、人は何のために生きるんだろう」

「オマエ、そういう難しいこと訊くなよ」寅は困ったように、細い目をハの字にして言う。「そういうのは、教科書に書いてないのか。教科書に」

「書いてあるわけないだろ」がっくりした様子の満男。そして夢を見るような目を天井にむける。「あ〜あ、そんなつまらない大人になるより、おじさんみたいに全国を旅して暮らしたいな」

「馬鹿をいうな」寅は一喝する。「オマエは、オレみたいな半端な人間になってはいけない。まじめに働き、家庭をもつんだ。オレみたいな浮き草ぐらしを、うらやましいなんて思うな」

「結婚して子孫を残すのが、人生の目的かよ」
酔いが回った満男は、巻き舌で毒をはく。

「そうだよ。それがまっとうな人間の人生だ」
寅は真剣な目を満男に向ける。

「だったら、なんでおじさんは結婚しないの。なんで子供をもたないの。ねえ、教えてよ」
満男はたちの悪い酔っぱらいのように、寅にからみはじめた。

次へ

寅さんの白熱教室(中)

前へ

「その理由はお前がいちばん知っているだろ」
甥っ子の満男に結婚しない理由を訊かれた車寅次郎は、バツの悪そうな顔をする。

「そうか。おじさんフラレてばかりだものね」
満男はアルコールが回った真っ赤な顔をクシャクシャにして笑う。

「お前、はっきり言うなよ、はっきりと」
寅は顔をしかめる。

「でもさぁ」満男は腕にとまった蚊を叩いて言う。「生きる意味が子孫を残すことにあるとするとだよ、それが正しいのなら、この蚊とか、蝿とかが、子孫を残すのを何で僕らは嫌うんだろ? 人間の都合で言っている理屈は、何か本当じゃないような気がする」

寅は、ししゃもを頭からムシャムシャと食べている満男を睨んで言う。
「だったらお前、そのししゃもを食うな。お前がいま食べているししゃもの腹には、何十個もの卵がつまっているじゃないか」

「そんなことを言ったら、何も食べられないじゃないか。餓死しちゃうよ」

「そうだろ」したり顔をして寅は言う。「ししゃもに限らず、豚も鳥も、子孫を残してくれるから、オレたちは生きていけるんだ。蚊や蝿だって同じだ。それを食って生きている生き物だっているんだから」

「食物連鎖というわけか…」

「なに、食物連座?」
学のない寅は、聞きなれない言葉に混乱した様子で訊き返す。

「食物連鎖だよ」満男は笑って説明する。「例えば、この蚊とか蝿を鳥や魚が食べるとするだろ。すると、その鳥や魚を食べる生物がいる。そういう関係のなかで、いろんな生き物が生命をつないでいけるということさ」

「お前難しいことを知っているね」寅は手を叩いて言う。「ヨシ。これなら、お前は来年大学に合格できる。おじさん保証する」

「おじさんに保証されてもなぁ」満男は鼻で笑って、再び真面目な顔をする。「でも、ボクの言いたいのは、そういうことじゃなくって、面白くもなんともない顔をして会社に勤めるような大人になるために、一生懸命勉強して大学に入ることに意味があるのかってこと。いい会社にはいって、いい給料をもらえても、そんなんじゃ全然幸せじゃないだろ。金がすべてじゃないよ」

「じゃ、何が大切だと思うんだ。浪人生」

「愛だよ」
及川泉という高校時代の後輩に片想いをして受験勉強に集中できない満男は、夢を見るような顔をして答える。

「さてはお前恋をしているな」恋愛に関しては感の鋭い寅は目を光らせて言う。「でも愛だけじゃ、人を幸せにできない。金も大切だ」

「おじさんらしくないことを言うな。がっかりだよ」
満男は落胆した表情をうかべると、ウップンを晴らすようにグラスに残ったビールを煽った。

次へ

02 | 2017/03 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
1位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ