ボクの愛車 Part9

久しぶりにボクの愛車を紹介します。

今回の愛車は…。

DSCN3273_convert_20141121213936.jpg

トヨタ2000GTです。
トヨタ2000GTといえば、白いボディがイメージカラーなんですが、黒のほうがメッキ部分が強調され、美しかったので、こっちを選びました。

DSCN3274_convert_20141121214000.jpg
DSCN3275_convert_20141121214022.jpg
DSCN3276_convert_20141121214044.jpg

リトラクタブル・ヘッドライトもあがります。
DSCN3280_convert_20141121214227.jpg



どうですか。
いけるでしょ。

オートアート製は、内装も手を抜きません。
DSCN3277_convert_20141121214110.jpg

エンジンルームもしかり。
DSCN3279_convert_20141121214205.jpg

1967年と、50年近く前に生産されたトヨタ製のクルマですが、そのデザインセンスには驚かされます。
ヤマハ発動機がこの車の開発には関わっており、その技術供与なしには登場しえなかった日本が誇る名車です。

この技術屋魂が、いま世界一位の新車販売台数を誇るトヨタに発展させていったと思うと、感動を覚えます。
トヨタ2000GTの後を継ぐ、スポーツカーの誕生を切に願います。
頼みますよ、トヨタさん。

スポンサーサイト

オファー

お蔵入りにしていた4コマ漫画です。

オファー+のコピー_convert_20150110172425

お蔵入りの理由は、以下の三つ。

①デンジャラスのノッチが似ていない

②似ていなくても、ノッチをしらない人が多いと思われる

③漫画の内容が危険すぎる

でも、似ていない方がいいのかもしれません。
何しろ、デンジャラスなので。



天からの贈り物

天からの贈り物+のコピー_convert_20150101124033

サービス労働

サービス労働+のコピー_convert_20150124084509

孤独

孤独+のコピー_convert_20150117170846

本当にシュールな4コマ漫画を描いてしまいました。
意味不明な恐怖、そんなのを突然表現したくなり、4コマ漫画の新境地に挑戦してみました。

SOS

SOS+のコピー_convert_20150125064909

スカウト

33回目の優勝ということで、ついに大鵬の記録を抜きました。
偉大な力士だと思いますが、あまりにも強力なライバルがいないため、相撲の面白さは薄れていくような気がします。
白鵬の座を脅かす、逸材の登場が待たれるところです。

そこで今回は「スカウト」をテーマに4コマ漫画を描いてみました。

スカウト+のコピー_convert_20150125170139


異物混入

異物混入+のコピー_convert_20150110085741

な〜んてことあると、正直に言いますか?
「金の斧と銀の斧」が試されますね。

話はかわりますが、今日放送される『世界の果てまでイッテQ!』で、アルパカの毛刈りをやります。
以前投稿した漫画のような姿になるかどうかお確かめを。

散髪+のコピー_convert_20141025094756


幸せ

幸せ_convert_20150123233349

具合が悪くなったとき、何でもないことの幸せに気がつきます。
無事平穏を感謝し、朗らかに暮らしたいですね。

隅におけないヤツ

隅におけないヤツ+のコピー_convert_20150122203727

漢字をつかった4コマ漫画は、あまりないのではないでしょうか?
新たな試みとしてやってみましたが、わかりますかね。

オレオレ詐欺

オレオレ詐欺+のコピー_convert_20150112170839

仕返し

仕返し+1のコピー_convert_20150118115910

寒がり

寒がり+のコピー_convert_20150117073908

今日は大寒で、一年で最も寒いと言われる日。
服を着替えるのも辛くなっております。

でも、あと2,3ヶ月もすれば、春です。
そう If winter comes , can spring be far behind です。

頑張って、寒い冬を乗り切りましょう。

眠れる才能

眠れる才能+のコピー_convert_20150117130554

正しくゴーストライター。
彼が書いている原稿、時代小説だったら、傑作になりそうですね。

不屈のエンジニア

白鵬の連勝が続いておりますね。
しかしあまりおもしろくありません。

別に白鵬が嫌いなわけではないし、モンゴル人が活躍することを面白く思っていないわけではないのですが、なぜかつまらないのです。

その理由を考えてみると、白鵬が圧倒的に強すぎるからだという結論にたどり着きました。
そう、白鵬は、技量も体格も人格も、歴史に残る横綱に見合ったハイスペックをもっているのです。

だから勝って当たり前→ドラマがない→つまらないとなるわけです。

我々が弱者を応援したくなるのは、まさにその退屈な展開を覆すドラマをつくって欲しいからではないでしょうか。

しかし現実には、なかなかそんな奇跡は起きません。
それは白鵬を打ち負かすのと同じくらい、容易なことではないからです。

そういう閉塞感にみちた世の中にあって、ドラマを起こしてくれそうな企業を見つけました。
RX−7などの名車を生みだした自動車メーカーのマツダです。

マツダは、トヨタに比べ8分の1という規模の小さな自動車メーカーです。
そんな弱小クルマ屋が、今とても勢いがあるのです。

なぜか…。

それは、クルマ好きのハートをときめかせてくれるような、革新的なエンジンを搭載したクルマを次々と輩出しているからです。
事実、日本カー・オブ・ザ・イヤーを続けて受賞するなど、専門家からも高い評価を受けております。

連続ヒットをとばすその勢いで、安っぽい三流メーカーだというマツダのイメージは徐々に変化しつつあり、マツダ車を買うことにためらいを感じる消費者も減っているようです。

そんな偉業の立役者になったのは、人見光夫さんという、開発部門の総責任者をつとめられている方です。

ミスターエンジンともいわれる人見さん。
さぞやカミソリのような鋭い風貌をしていると思いきや、意外や意外、とぼけた感じのオジサン。
100キロの体格は、切れ者というより、その真逆のもさ〜っとしたオーラを放ちまくっております。
話し方も穏やかで、シャイなお人柄。
同期の仲間からも、けっこういじられており、親しみを感じてしまいます。

こんな感じですので、出世も同期よりも遅れました。
先行開発部門で実績をあげながらも、46歳で、ようやく部長に昇進。

しかし部長になってからも、不遇の日々を送る羽目になります。
当時、マツダはバブル崩壊によるどん底状態にあり、人員整理をしなければならないほど追い詰められていました。
その人員整理を進める嫌われ役を任されたのが、人見さんだったからです。

温厚な人柄の人見さんは、それがなんとも辛く、上司として何もできない無力感に押しつぶされそうになりました。

そこで立ちあがったのです。
たったひとりで革新的なエンジンの研究をはじめ、それで会社を立て直し、部下を路頭に迷わすようなことはしまいと。

しかしトヨタなどの大きなメーカーに比べ、資金も人材にも恵まれない環境。
世界一のエンジンをつくると息巻いても、それを実現するのは並大抵でありません。

大手メーカーが力を入れるハイブリッド車を開発する資金もないので、ガソリンエンジンでそれに匹敵する低燃費車をつくるしかない状況。
しかしガソリンエンジンの燃費効率はもはや限界と言われていた当時、そんな勝負をしようというのはバカだと笑われました。

ところが、奇跡が起きたのです。

人見さんらが心血を注いで開発したスカイアクティブというエンジンが、リッター30キロをたたき出し、アメリカ合衆国環境保護庁から世界最高の評価を受けたのです。

部下のために立ちあがり、人徳と情熱で仲間をひっぱり、みんなが無理だと言っていた理想を実現する。
何か、本当のリーダーの姿を見る思いがします。

人見さんは成功の秘訣をこう語ります。
「何をやるかどうかには、大きなメーカーも小さなメーカもない。そこで考えが勝っていれば、勝てる日がくる」と。

人見さんの挑戦は続きます。
小手先の改良で満足しては、マツダのような弱小メーカーはすぐにつぶれるという危機感から、常識を外して、大きく振りきる実験を続けることによって…。

その不屈の精神が、原爆被災から見事に復興した広島という県民性を象徴しているようです。

マツダが、次にどんなブレークスルーをだしてくるか目が離せません。



☆人見光夫さんに関する記事☆「プレジデント・オンライン」から

責任とって

前作『防犯カメラ』のその後の展開を知りたいというコメントを受けましたので、そのご要望にお応えすべく、4コマ漫画を描いてみました。

オチをひらめかないまま描いたので、お気に召していただけるかどうか…、かなり不安ですうっ(^-^;)。

あまり期待しないで、ご覧下さいませませ。

責任とって+のコピー_convert_20150116220230

防犯カメラ

防犯カメラ+のコピー_convert_20141228121242

麻薬探知犬

麻薬探知犬+のコピー_convert_20141223182336

北枕

北枕+のコピー_convert_20141221113010

ご協力を

ご協力を+のコピー_convert_20141220144220

どうせフーフー強い息を吐いてもらうなら、それを風力発電に利用しない手はありませんよね。
これからはいろんなものを自然発電の力にする時代です。
ご協力を。

成人式

成人式+のコピー_convert_20150102103228

成人式を迎えた方々、本当におめでとうございます。
ボクは成人式には出席しませんでしたが、後で振り返ると行っておけばよかったと痛感しております。
まさしく後悔ですね。

だからせっかく出席したのに、悪ふざけをして後悔をすることのないようにしていただきたい。
それはまじめに出席している方や、必死の思いで育ててくれたご両親の思い出を汚すことになるからです。

他人のことを思いやることのできる人が、まず社会人としての最低限のルールを守れる人、つまり成人だと思います。
成人式は、その資格を得た人が出られる式なのです。
そのことをよく自覚して、出席していただきたいものです。

さて、話はかわりますが、ブログのアクセス数が10万件を突破しました。
ブログを始めて一年半ほど経ちましたが、ここまで続けてくられたのも、皆様のお陰であると感謝しております。
今後ともよろしくご愛顧のほど、よろしくお願い致します。

どんど焼き

どんど焼き1+のコピー_convert_20150109214359

ボクの地域では、今日が「どんど焼き」です。
天気はあまり良くないようで、ちょっと心配です。

どんど焼きについて調べてみますと、小正月に行われる行事なので、1月15日にやるのが本当なんですよね。

また、呼び方は地方によって色いろあるようで、例えば、東日本では「才の神焼き」、東海地方から西日本では「左義長(さぎっちょ)」と言うようです。
その他に、「どんどん焼き」、「さいと焼き」、「とんど」、「どんだら焼き」、「どんどろ祭り」、「おんべ焼き」、「さいとう焼き」、「ほっけんぎょう」、「三九郎焼き」、「ほじょり」、「ほうじょり」などの呼び方があります。
恐らくその語源は、どんどん燃える様子から、「どんど焼き」という語源がついたのでしょうね。

いずれにしても、どんど焼きの煙にあたって、1年中の身体健康・無病息災・家内安全を祈りたいと思います。

さて、4コマ漫画に戻りますが、赤色のドラえもんがこういう目に合ったのには、経緯があります。
そのことを知る4コマもつけときましたので、御覧ください。

だるま市+のコピー_convert_20141115203134

頼んだぞ

頼んだぞ+のコピー_convert_20150101105931

サッカーのアジア王者を決めるアジア杯がいよいよ始まりましたね。
ボクは日本代表のなかで、遠藤保仁選手のファンなのですが、この人誰かに似ているなと思い続けていました。

そしてやっとわかったそっくりさんが、なんと…。
アンガールズの田中卓志さん。

それがわかった瞬間、ジャカジャカジャカジャカジャカジャカジャーンと激しくショックの鐘が鳴り響きました。

それにしてもなんでこんなに似ているのに、それをまるで感じさせない好印象を出せるのでしょうか。

頑張れ、遠藤選手。
そして日本代表の健闘を祈ります。


言葉遣い

言葉遣い+のコピー_convert_20150102130308

七草粥

皆さん七草粥食べましたか?

七草粥って、一年の無病息災を祈るものなんだそうです。
お正月のご馳走で疲れた胃を休めるためでもあるのでしょうが。

私も食べましたが、たまにはお粥もいいものですね。

そこで今回は七草粥をテーマにした4コマ漫画を描いてみました。

七草粥+のコピー_convert_20150107202025

お目出度き人

お目出度き人+のコピー_convert_20150104052416

大リーグボール

大リーグボール+のコピー_convert_20150104162325

昨晩は『はじめてのおつかい』を見て、心が洗われました。
正月恒例の番組のなかでもいちばん好きです。
子供からいろいろ教えられます。

真犯人

真犯人+のコピー_convert_20150103104231

懐かしの『古畑任三郎』です。
夢中になって観たものです。

ところで、なぜ古畑任三郎は真犯人を明石家さんま演ずる奈良人だと思ったのでしょう?
推理してみてください。

ゾンビ

ゾンビ+のコピー_convert_20150103204303

明日から仕事という人も多いかと思います。
正月ボケの解消には、朝に30分ほど太陽の下で散歩してみるのが効果的だそうです。
気分よく仕事を始められるよう、なまった体を動かして、今日一日を思いっきり楽しみましょう。

お年玉

子供や孫が楽しみにしているお年玉
あげる子供の数が多いと頭がいたい大人
喜ぶその顔を見るとあげるうれしさもあるんですが、痛い出費

でも、自分たちも子供の頃もらっていたんですからね。
親や祖父母、親戚のおじさんおばさんの顔を思い出して、気持よくあげましょう。

お年玉+のコピー_convert_20141220190007

12 | 2015/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
325位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ