オープンカー日和

オープン日和+のコピー_convert_20150630212216

夏はウケが悪いようで…。

スポンサーサイト

ダジャレ商品

オヤジギャグで、ある商品を考えてみました。

カー帳(かや)+のコピー_convert_20150629202017

名づけて、CAR帳(カーや)です。
蚊帳をシャレにしたわけですね。

でも、この商品。
アーム一本なので、カーポートよりコストが安いです。

それに周囲を囲っているので、猫などによる引っかき傷の被害を受けることもありません。
日焼け防止や、防犯などの面でも、屋根だけのカーポートより優れているわけであります。

蚊帳の下を丸めてあげるだけなので、クルマの出し入れもしやすいのも利点。
一度作ったらサイズを変更できないガレージとは違い、気軽にサイズを変更できるのもお得です。

覆いの柄も、いくつかバリエーションをつくり、オシャレを演出できるものにすれば、さらに商品力が高まると思います。

どうです、CAR帳。
商品化したら、売れません?

ダジャレで商品開発がうまい小林製薬さんかエステーさんで考えてもらえませんかね。
畑違いだから無理ですかねえ。

それはともかく、皆さんの知っている中で、ダジャレでウケる商品といえば何ですか?

はじめの一歩

はじめの一歩+のコピー_convert_20150627060918

きゅうりやナスなど夏野菜の採れる季節になり、それを漬物にする方も多いと思います。

そこで紹介。
魔法のように、漬物を美味しくする一夜漬けの素があるんです。

その商品名は、「信州味噌漬けの素」
お味噌で有名なマルコメさんの商品です。

うちの家庭では、エシャレットやラッキョウなどもこれで漬けますが、その辛味を絶妙に和らげてくれ、これだけでご飯を完食できるくらい美味しく仕上がります。

アドレスを貼っておきました。
興味のある方は検索してみてください。

試してみると、病みつきになりますよ。

http://www.marukome.co.jp/product/detail/cooking_038

復活

故障したかと思い、大騒ぎしたワタクシのガラケー。
無事、復活しました。

DSCN3625_convert_20150627133239.jpg

野津征亨さん、冷凍SANMAさんのアドバイスに後押しされ、昼食後、ショップへ直行。
向こうの充電器を差し込んでみたら、すぐに立ち上がり、な〜んだ、という話になりました。

先走って格安スマホの手続きをしないで良かったです。

それにしてもネットの情報は、ショップ対応の信じがたい話があるなど、悪意に満ちているものが多いので、それを鵜呑みにしてはいけないなと、つくづく思い知らされました。

オレオレ詐欺のこともあるので、あまり警戒心がなさすぎるのもいけませんが、最初から悪くとりすぎるのも、いらぬ無駄遣いをしてしまうことになりかねません。

それを防ぐために、まずは現実を受け入れ、自分の気持ちをリセットする。
それが大事だと思いました。

またひとつ勉強になりました。
ありがとうございました。

助けてぇ

ワタクシの愛用するガラケー、初公開です。

DSCN3623_convert_20150627071335.jpg

パナ製なんですが、どうですこの色。
ゴールドで金運が高まりそうでしょ。
デザインがシンプルなので、金色を嫌らしさを薄めてくれるし、周りからも好印象をうけられると思います。
ホント、購入して1年と半年が経ちますが、飽きがきません。

って、愛機自慢をしている場合じゃありません。

購入して1年と半年しか経っていないのに、トラブル発生。
昨晩、突如、まったく動かなくなってしまったのです。

DSCN3624_convert_20150627071351.jpg

ホラね。

お前はもう死んでいる、アタタっ。

なんて、ふざけている場合じゃありません

充電すると、その印である赤いライトはつくのですが、反応するのはそれ止まり。
深夜遅くまで、手を尽くしたのですが、何の甲斐もありませんでした。

前に使っていたガラケーにカードを入れ替え、充電してみましたが、こちらも同じ症状。
本体にも充電器にも問題はないようです。

格安スマホにかえると公言しつつも、密かにガラケーで粘ってきたのに。
乗り換えさせまいとする陰謀か…。

かといって、このままでいるわけにはいかないし…。
ショップに行きたくありません。

助けてぇ!




失恋

ハートブレイク+のコピー_convert_20150621071441

ハマってます

今この漫画にはまっております。

『はじめの一歩』



今更かい
って、ツッコミがきそうな、超有名漫画です。

1989年から週刊少年マガジンに掲載され、以来現在に至るまで109巻の単行本を発行するというですから、その人気はスゴイものです(その存在も知らずにいたボクもスゴイ。はっはっはっ)

で、この漫画との運命の出会いは、この前の日曜日、車の点検でディーラーに行ったときでした。

そこにこの漫画がズラーっと並んでおりまして、手間のかかる点検の暇つぶしに、1巻から読み始めたのであります。
そしたら、それが面白いのなんのって。
久々の集中力で、一気に3巻まで読んでしまいました(ゼエゼエ)。

で、昨晩は近所のリサイクルショップで23時まで立ち読み(ほとんど中毒)。
足がいたくなってきたので、続きの5冊を大人買いしてしまいました(1冊100円なので、ワンコインですが)。

DSCN3617_convert_20150625202615.jpg

いじめられっ子の高校1年生が、ボクシングに出会い、よき先輩、ライバルにめぐまれ、ボクサーとしても人間としても成長していくストーリーですが、厳しい社会に生きる大人にも、いろいろ学ばさせてくれるものが多いわけであります。

『あしたのジョー』を漫画の最高傑作だと思うワタクシ。ボクシングの漫画に弱いのかもしれませんね。

さてと、今晩も続きを読むとしますか。

人情酒場

人情酒場+のコピー_convert_20150624062310

今は空前の酒場ブームとか。
吉田類さんの番組の影響があるんでしょうね。

酒場には、ただ酒を飲みに行くのではなく、人恋しさを埋めるためにも行くのだと思います。
人情はいつの時代も、一番ホットな「おつまみ」なんですね。

シェルビー好き

つい先日『ワイルド・スピード7』を観ましたが、ボクはカーアクション映画が大好きです。

その影響で、好きになった車があります。

そのクルマとは…。





フィード・マスタング(シェルビー)です。

マスタングの登場する映画は非常に多く、アメリカ人はこのクルマにとても誇りをもっているようです。

マスタングが出た映画をいくつかあげれば…、

まず『ニード・フォー・スピード』



運転している女優、とてもキュートで、マスタングと同じくらい好きになってしまいました(おもいっきり余談)

『60セカンズ』でもエレノアが活躍しました。



スティーブ・マックイーンの出演する名作『ゲッタウェイ』でも。



リメイクされた『ゲッタウェイ』でも。



ポール・ウォーカーの遺作となった『フルスロットル』でも。



主役の愛車は、マスタングの確率高しです。



う~ん、やっぱいス・テ・キラブラブ!

アイドリングストップ

アイドリングストップ+のコピー_convert_20150620063726

金のなる木

金のなる木+のコピー_convert_20150620115602

炎天下で働く、営業マン、植木職人、工事関係の皆様etc、本当にお疲れ様です。
頭が下がります。

その他の皆様も、外出をする際は熱中症にならないよう、こまめな水分補給を心がけましょう。

みっともない

みっともない+のコピー_convert_20150620195301

MRI検査

MRI検査+のコピー_convert_20150112101122

検査の段階でアウト!
そうならないように注意しないと。

交通安全教室

安全教室+のコピー_convert_20150425132333

6月1日から自転車のルールが厳しくなりました。
ボクも自転車通勤をしているので、より一層注意したいと思います。
健康増進のために、ロードバイクもはじめようと考えていますので。

ナポレオン

ナポレオン+のコピー_convert_20150321100135

アイムホーム

アイムホーム+のコピー_convert_20150616061608

キムタク主演の『アイムホーム』も最終回ですね。
途中から観なくなってしまいましたが、どういう展開になっているのでしょうか。

敗者復活戦

敗者復活戦+のコピー_convert_20150531091451

ようこそ わが国へ

フジテレビ月9の『ようこそ、わが家へ』もついに最終話となります。

最終話では、倉田家を恐怖のどん底へ突き落とすきっかけになったニット帽の人物の正体が明らかになるということで、非常に楽しみにしています。

それにしても、なぜ、ニット帽の男が起こした嫌がらせに便乗した数々のいやがらせが倉田家に降りかかったのでしょう。

それぞれの犯人の共通した動機は、「ねたみ」です。

倉田家の人々は皆、争いを好まぬ好人物です。
正体がわからないストーカーに対して「名無しさん」というくらいですから。

だから、寺尾聡さん演ずる父親を筆頭に倉田家の人々は、家族の平和を第一に考え、争いを避けます。
そんな穏やかな人物たちで構成される平和な家族ですので、そうではない人たちにねたまれ、平穏な日々が奪われてしまうのです。

ドラマのテーマは、そんな平和主義者の人たちが、家族の平和を守るのにどういう姿勢をとるかだと思います。

その決意となる言葉は、前回のドラマで相葉雅紀さん演ずる倉田家の長男(倉田健太)から発せられました。

健太は父親とふたりになったとき、子供の頃の思い出話をはじめました。
それは父親とふたりで釣りに行った時、ガラの悪い釣り人にからまれて父親が逃げたというエピソードです。

健太は、その時とった父親の態度は間違っていないと言いました。
逃げることで、家族の平和が守られるのですから。

ですが、今回は逃げるべきではないと主張します。
それは逃げていては、家族の平和が守られないからです。

これは、いま我が国がおかれた現状と同じではないでしょうか。
政府によって平和憲法が壊されようとしている、いわば売られた喧嘩は買う国にされてしまおうとしています。

それを積極的平和主義だと安倍さんは言いますが、これはこの家族の平和が乱される発端になったような種を蒔いていくのと同じことになると思います。

そんな国にならないように、倉田健太のように声をあげていくべきだと思います。
同盟国の不正義に手を貸して恨まれ、嫌がらせを受ける「ようこそ わが国へ」にならないために。

カメラワークで誤魔化さないで

ハリウッドのアクション映画を観ていて、ちょっとこれはよくないだろうと思うことがあります。

それは格闘するシーンにおいて、カメラの動きが激しすぎて、いま何をやっているのか見えづらくしてしまっている点です。
つまりアクションのすごさを見たいのに、カメラがその邪魔をしてしまっているということです。

残念ながら、先日観た『ワイルド・スピード7 スカイミッション』も例外ではありませんでした。



カメラワークを激しくする狙いは、アクションの激しさを増幅させるためかもしれません。
しかし観客からすると、カット割りを多くしすぎることで、アクションのできない俳優を助けているとしか受け取れないのです。

その迷惑を被るのは、観客だけではありません。
アクションの上手な俳優もです。
アクションの下手な俳優に合わせたカメラワークのせいで、彼の超人的なアクションがぶつ切れにされてしまうからです。

トニー・ジャーという、タイの優れたアクション俳優がいます。
彼は、この『ワイルド・スピード7 スカイミッション』にも出ています。

先にあげた映像のなかで、ポール・ウォーカー演ずるブライアンがトレーラーの中に飛び込むシーンがありますが、そこに一瞬、トニー・ジャーが映っています。

敵役を演ずるトニー・ジャーは、このトレーラーの中でブライアンと闘うのですが、例のいらぬカメラワークのせいで、彼のアクションは見事に殺されてしまっています。

トニー・ジャーの凄さを知るには、しっかりとアクションを見せるカメラワークでなければいけません。
事実、トニー・ジャーが主演を務めた映画では、そのような落ち着きのないカメラワークは行っておりません。



どうですか。
トニー・ジャーの主演する映画はみな、ワイヤーアクションもCGも一切使っていません。
何のごまかしもないピュアなアクション映画です。
従って、カメラもごまかしを過剰に入れたものであってはならないのです。

かつては、ジャッキー・チェンの映画におけるカメラワークも同じでした。
ジャッキー・チェンの映画をほぼ全作観て、アクション映画を見る目が肥えた僕からすると、ハリウッド流のカメラワークは邪道です。



観客を楽しませるために危険なアクションも命をはってやる。
その生き様に観客は胸を打たれ、勇気をもらえる。
そこにアクション映画の素晴らしさがあるのではないでしょうか。

ユーチューブを検索していましたら、アクション映画のカメラワーク術を紹介している動画を見つけました。



そのとおりだと思います。
ハリウッドでも、カメラワークでごまかさなくとも圧巻のアクションがみられる映画の登場を待っています。

さよなら、ポール

昨日『ワイルド・スピード7 スカイミッション』を観に行きました。
上演最終日ということで、帰宅後、夕食をとってすぐに出かけました。

上演開始時間は夜9時5分。
終わったのは、11時半過ぎと、かなり遅い時刻。
このところ睡眠不足でしたし、仕事で疲れて、出かける前から眠気に襲われていたのですが、とても素晴らしい映画で眠気もぶっ飛びました。

クルマ好きにはたまらない数多くのスーパーカーが登場しますし、カーアクションも相変わらずのド迫力。



中だるみもなく、密度の濃いストーリーもいい。
仲間を家族のように愛するドミニクにも共感を覚えます。

しかしその家族の一員であるブライアンを演ずるポール・ウォーカーは、不慮の事故で他界してしまったのです。
その悲しい事実が、余計にこの映画への感動を強めたのは間違いありません。

泣けたのは、ポール・ウォーカーのためにつくられた追悼曲にのって流れる映像です。



家族のために生きる人生を選んだブライアンと、それとは別の道をゆくドミニク。
見送りにきたブライアンはドミニクと並走するのですが、しばらくすると分かれ道が彼らの前にあわわれます。
そこでそれぞれ別の道へ進むのですが、それがポール・ウォーカーがこの世と別れ、天国へと向かっていくようで胸がしめつけられました。

大好きだったワイルド・スピードシリーズ。
そのなかでも一番好きだったポール・ウォーカー。
続編がでるかもしれないワイルド・スピードでは、もうあなたの姿は見られないのですね。

残念で仕方ありませんが、今まで楽しませてくれて有り難うございました。
ご冥福をお祈り申し上げます。


適用拡大を

使用禁止+のコピー_convert_20150606071152

そろそろ蚊やダニに悩まされる時期ですね。
やだなぁ~。

バリウム地獄リターンズ

今年も巡ってまいりました、会社で行う健康診断の日が。
怖いですね

なにが怖いって、去年の健康診断から避けていた体重計に乗ること?
いやいや、それも恐怖ですが、もっと怖いのは、バリウム検査です。

炭酸とともにバリウムを飲み干し、ゲップを我慢して、こんなアクロバティックな検査を強いられるからです。


(動画の人物はボクじゃありません)

罰ゲームか!

さらに辛いのは、その後下剤を飲んで、強制的にバリウムを排出しなければならないこと。
お便所に行く隙がないほど忙しく、しかも力仕事なのに
う〜っ、地獄じゃ。

おもつを履いて仕事をするわけにはいかないので、こっそり海水パンツを履いて、地獄の一日を乗り越えました。

それにしても、同僚が視力検査で、「右っぽい、左っぽい」と言っていたのは、笑いました。
そんなことを言っても、おまけをつけてくれるわけないのにね。

人生の達人に学ぶ

素晴らしい本に出会いました。



篠田桃紅(しのだ・とうこう)さんの書かれた『103歳になってわかったこと』(幻冬舎)です。

篠田さん、墨を用いた抽象表現主義者として、書や絵、レリーフなど103歳とは思えない斬新な作品を数多く発表し、世界的に広く知られた方なんです(ボクは、最近まで知りませんでしたが)。

篠田さんの存在を知ったのは、母に頼まれて、この本を買ったからです。
で、ボクも読み始めてみたら、とても感銘をうけました。

とくに良かったのは、「規則正しい毎日から自分を解放する」という節の内容。

それを読むと、篠田さんは規律や目標を立てないそうです。
なぜかというと、それに縛られ、わき目もふらず、一直線に進むことがいいことだとは思えないからとのこと。
つまり、ほかにすごくいいものがあっても見逃してしまうのが、もったいないという考えなんですね。

だから、休みたいと思えば休むし、わき見をしたければわき見をする。自然のなりゆきにまかせて、無理なく生きる。そんな生き方をされてきたそうです(これぞ、荘子の思想ではありませんか!)。

そんなことをしていたら大成しないという意見もあるでしょうが、その生き方で大成されたのですから、何も反論できませんよね。

篠田さん、とてもお美しいのですが、ずっと独身だそうです。
また、どの美術団体にも属していないとのこと。

凜とした強さを感じますが、ご本人は気楽に生きたいからと、さらっと答えています。
それもかっこいいですね。

篠田さんは、『百歳の力』(集英社新書)という本も出しています。
どちらも売れており、本屋にいけば、容易に手に入ります。

堅苦しい本ではありません。
あっという間に読めます。
オススメです。

梅雨入り

梅雨入り+のコピー_convert_20150609054249

梅雨入りになった地域も多いと思います。
うれしくはないですが、農作物や植物には恵みになるでしょう。
そう考え、この子のように明るく迎え入れてやったほうが、ハッピーな気分になれるのではないでしょうか。

またかと思われるかもしれませんが、ローソンのサンドイッチの紹介です。
今回食べたのは、ミックスフルーツのサンドイッチです。

DSCN3491_convert_20150609201515.jpg

メロンだけよりも、いろんなフルーツが入っていて楽しめました。
おいしかった

無駄な抵抗

無駄な抵抗+のコピー_convert_20150506083811

激怒

激怒+のコピー_convert_20150606112336

先日、食べてみたいと話しておりましたローソンのメロン・サンドイッチ、ようやく、買えました。

このまえ買いにいったとき、夜の8時くらいだったんですが、もうありませんでした。

で、二度と同じ過ちはおかすまいと、朝の5時に(早っ)、行ってみました。
そしたら山ほどありました。
配達の時間を狙ったのが、正解でしたね。

DSCN3490_convert_20150607071829.jpg

見てください、この厚切りレモン、いやメロン(興奮がおまりません)。

で、お味は。
う〜ん、いい国産メロン使っておりますな。

甘さ控えめなので、メロンの爽やかな風味が主張されています。
メロンが好きな方は満足されると思いますよ。

期間限定なので、ぜひお試しを。
朝5時が、確実にゲットできるゴールデンタイムです。

ああ先輩

先輩の同僚が話しかけてきました。
「ロブスターいいよな」

なんでいきなりロブスター?
結婚式にでも出席して、そこでロブスターのグラタンでも食べたの?

ロブスター料理_convert_20150606071417


先輩は続けます。
「あの顔はいい。ジャガーみたいで」

ジャガーみたいな顔?
いやいや、ロブスターの顔はロブスターでしょう。

「それに比べれば、前のはあんまり良くないな。丸っちい目で」

ひょっとして先輩、マツダのロードスターのこと言ってます?
ボクはそう思い、鎌をかけてみました。
「最近マツダ元気いいですよね」

すると、先輩は大きく頷いて答えました。
「ああ、いいね。ロブスター試乗したいな」

やっぱりかい!
ロードスター_convert_20150606053030

実話です。


我慢できない

我慢できない+のコピー_convert_20150419085908

ボクの愛車 Part15

今回紹介させていただく、ボクの愛車はコチラ。

DSCN3478_convert_20150604214857.jpg

DSCN3484_convert_20150604215044.jpg

DSCN3479_convert_20150604214921.jpg

ポルシェ 356A スピードスター です。
実に美しいオープンカーですね。

今のポルシェ911につながるモデルです。

丸目のヘッドライトをはじめ、丸みを帯びたプロポーションなど、今に共通しますね。
外見だけでなく、水平対向エンジンやRRレイアウトもその当時からです。

ポルシェという名が使われるようになったのも、このモデルから。

偉大なるポルシェの礎をつくった名車なんですね。

DSCN3480_convert_20150604214942.jpg


DSCN3483_convert_20150604215024.jpg

DSCN3481_convert_20150604215004.jpg

それを忠実に再現したAutoart。
素晴らしいの一言に尽きます。



実物と比べてみても、その技術のスゴさがわかります。

1948年からの生産ですが、全然古さを感じません。
というか、今のオープンカーよりかっこいい。

昔のクルマはどうしてこんなに魅力的なんでしょう。

ご心配かけました

昨日、腰痛についての記事を投稿したところ、多くの方から温かいコメントをいただきました。
この場を借りて、感謝を申し上げます。

ご心配をかけましたが、昨日より回復しております。
でも、まだ無理はできないので、早めにからだを休めたいと思います。

今日は、同じフロアで働いている後輩が仕事中に足の甲を剥離骨折してしまうというトラブルに見舞われました。
そのせいで、早退した後輩の分まで仕事をすることになったのですが、幸いそれほど忙しくなかったので、何とか乗り切ることができました。

腰が良くなったら、皆様のアドバイスに従い、腰痛運動に励みたいと思います。

腰痛運動については、ブログを通じて親しくさせていただいているバーソさんから、自身も体験して効果があったとされる腰痛運動を教えてもらいました。
腰痛に悩んでいる方が多いと思いますので、それを紹介させていただきます。



これは効きそうです。
実践してみたいと思います。

バーソさん、ありがとうございました。


05 | 2015/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
325位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ