めい曲誕生

名曲誕生+のコピー_convert_20150926055928

スポンサーサイト

下り坂最高?

NHK BSプレミアムで放送されている『にっぽん縦断こころ旅』で、ロードバイクをこぐ火野正平さんがきつい山道を登りきり、下り坂にはいったとき言う決め文句。「人生下り坂最高!」というフレーズがあります。



しかし実際にロードバイクで傾斜のきつい長い坂道を下る時、それは事実ではないと思い知らされます。

確かに、ペダルを漕がなくても自転車は自然に前に進んでくれるので、心臓をバクバクさせながら登る坂道より、息が荒れることはありません。

でも、下り坂は相当なスピードがでます。

なので、ひっきりなしにコーナリングが訪れる坂道では、その度ごと、スピードを殺す強力なブレーキングが必要になるのです。
つまり、安全な速度までスピードを落とすには、ブレーキレバーをしっかり握れるように前傾姿勢を強めなればならなくなるということです。

まず、この姿勢が辛い。
というのも、上りで腰がぬけるほど疲れきっているので、腰を大きく曲げる体勢を保つのがキツイのです。

加えて、ブレーキを握り続けると、腕がパンパンになります(下り坂においては、腰を低くしなくてもブレーキングがしやすい、ママチャリのほうがずっと楽です)。

哨兵+のコピー_convert_20150822195009

「人生下り坂最高」という名文句は、暗く受け止めがちな老後を肯定的に置きかえてくれる意味を含んでいるので素晴らしいのですが、ロードバイクにおける下り坂の辛さを味わったら、「そんなの嘘や!(いつから大阪人になったんだ)」と叫びたくなること必至です。

あなたより20歳も若いボクが音を上げる下り坂を快適と受け流す火野正平さん。
あなたはまだまだ若い。
下り坂といえる老人の体力ではありません。

下り坂を楽しいと思えるほどの、体力とテクニックを早く身につけたいと思う今日この頃です。

名月に癒やされる

中秋の名月。

昨日今日と、きれいなお月様を眺めることができました。
大きくって、光も神々しいですね。
パワーをもらえる気がします。

今週も忙しくなりそうですが、お月様からもらったパワーを借りて頑張りたいと思います。

マイナスイオン

マイナスイオン+_convert_20150813143722


枕投げ

枕投げ+のコピー_convert_20150921100849

明日が楽しみ

今日は、寒い一日でしたね。

10月下旬の陽気とか。
天気も雨模様で、晴れ晴れとしない日でした。

でも明日から回復傾向になるようです。
ロードバイクに乗れるかなぁ。ウキウキ。

シルバーウィークから2日おいて、また休日。
なんともありがたいです。

思い切り楽しみたいと思います。


孤灯

孤灯+のコピー_convert_20150906093418

小さい秋

何歳になっても好きな童謡があります。

それは…。



『小さい秋見つけた』です。

秋の寂しさ、静けさをうまく歌い上げた最高傑作の秋の歌だと思います。

山の中腹にある神社で、秋のやんわりとした日を浴びながら、小さな子どもたちが穏やかに遊ぶ、そんな光景が思い浮かびます。

皆さんにとっての、小さな秋ってなんですか?
神社の裏で見つけた、小さなあき竹城さんですか?

冗談はさておき、ボクがイメージするのは、落ち葉の上にころがるドングリです(もっとも、それは初秋ではありえない光景ですが)。

すすきとか、赤とんぼとか、きれいな夕焼け。
黄金に輝く稲。
チャルメラの音。
さんまの焼く匂い。

どれも郷愁を誘いますね。

郷愁といえば、ボクラの世代ではこんなコマーシャルソングも思い出されます。



好きなコマーシャルといえば、こんなのもあります。



『大分むぎ焼酎二階堂』
異世界のような映像美が素晴らしい。

あと、これも素晴らしい。



『いいちこ』

これも好きでした。



『ピース』

なんだか酒と煙草の話になってしまいました。

軌道修正。
先程、ドライブで見つけた秋の風景です。

DSCN3848_convert_20150923131801.jpg

日本の原風景。癒やされました。

土地活用

土地活用+のコピー_convert_20150921144804

爆笑

笑いのツボ+のコピー_convert_20150813045845

魅惑的なApple Pencil

アイフォーンなどで有名なアメリカのIT企業、アップルから、このほど大注目(大注目しているのは、ボクがですが…)の製品が発表されました。

それは、『アップル ペンシル』です(ドラえもんが四次元ポケットから取り出して言っても、違和感がないような商品名ですね。「アップル ペンシル〜!」)。



閑話休題、この製品、どのようなものかというと、パソコンのディスプレイ画面に線がかける電子ペン、いわゆるスタイラスペンというやつです。

アイパッドなどに書けるスタイラスペンとしては、初の純正品なのですが、この性能がすばらしい。
百聞は一見。動画で御覧ください。



なめらかな描き味は、ペンで紙に描く感覚に限りなく近そうです。
また、傾き感知機能を備えておりますので、まるで筆で書いているような味もだせます。



ボクは上の動画のようなペンタブレットという、パソコン画面をみながらタブレット端末に絵を描く作業で4コママンガなどを制作していますが、これが実にやりにくいのです。
感覚がつかみにくいので、思うような線がかけず、時間がかかって仕方ありません(なので、ストレスフリーに絵が描けそうなアップル ペンシルにひかれるのであります)。

で、このアップル ペンシル。発売は、11月とのこと。突き指するぐらいの強さで、物欲モードのスイッチをオンです(最近、無駄遣いが多すぎて、これでは破産してしまう!)。

ただし、この魅力的なアップルペンシル。同じく11月に発売されるタブレット端末、アイパッド・プロのみで機能するという噂。



アイパッド・プロのサイズは、既存のアイパッドのなかで最大となる12・9インチとのこと(でありながら、薄くて軽いのであります。どこでも持ち運べそう)。
お絵かきするには、最適とはいかないまでも、かなり使えそうなサイズであります

また、ライバル製品であるマイクロソフト社のサーフェースのようなキーボードも別売りされるというのも朗報です(ノートパソコンのような使い方もできるようになりますので)。

でも、これをすべて揃えたら、いったいいくらになるのでしょう。
ああ、物欲よ、成仏してくれ〜! という感じですが、こういう製品は長らく待ち望んでいたものなので、簡単に物欲を消えてくれそうにありません(ああ、この物欲を消してくれるアップル イレイサーも、同時発売してくれ〜! あっ、もっとお金がかかるか…)。

そこで、もっと安い機材が存在しないものかと検索しましたら、ワコム社からでてる液晶ペンタブレットで、Cintiq 13HDという製品を発見。
サイズもアイパッド プロと同等で、値段はおそらく半額程度ですみそう(アイパッド・プロなどの価格が未公表なので、まだ比較できませんが)。



でも、パソコンと接続するので場所をとりそうですし、その接続がやっかいだという話も聞きます。
それでもアップル ペンシルに見劣りしない描き味ならば、かなり魅力的です。

で、でも…



やっぱり、アップル製品にひかれる〜!

ロードバイクに乗る機会が減りそうな冬のシーズン。これでお絵かきをしてる光景を妄想してしまうボクでした(困っちゃう。アイ・キャンストップ、ゼ、ロンリネス、こらえきれず、物欲が止まらない)


お買い得

お買い得+のコピー_convert_20150911213448

こんなことを実際にしてしまいました。
あ〜、うっかり、うっかり。

失礼しました

昨日、ロードバイク用のシューズの記事を投稿しましたが、写真が見られないというコメントを多数いただき、もういちど写真を貼り直しました。
誠に申し訳ございませんでした。
これで見られるようになったでしょうか?


ロードバイク用のシューズ、専門用語でいうと、ビンディングシューズを購入し、一ヶ月が経とうとしています。

DSCN3667_convert_20150918202709.jpg


といっても、ロードバイクに詳しくない方は、ビンディングシューズをご存知ないと思います。

ビンディングシューズとは、ペダルにシューズを固定させる装置を備えたシューズのことです。

DSCN3668_convert_20150918202649.jpg

上の写真を御覧ください。
靴の裏に金具がついているのが見えるでしょうか。

この金具の部分を、

DSCN3669_convert_20150918202628.jpg


この、ビンディングシューズを受け止める装置のついたペダル(ビンディングペダル)の上において、双方を固定するわけです。

これにより、人馬一体の運転が可能になり、飛躍的に走行性能が高まるんです!

またシューズとペダルが固定されていれば、足を上方向に引き上げるときもペダルがついてくるので、効率的なペタリングが実現でき、勾配のきつい坂道や長距離を走るときなど、疲労感がまったくかわってくるのです。

とはいえ、デメリットもあります。

…そうです。
問題は降りる時です。

ペダルからシューズを外すときは、かかとを外側へグィッとひねるのですが、これが慣れないシロウトには難しいのです。
とっさの時、うまく対処できず、立ちごけをしてしまうリスクがあるのです。

まだまだヒヤリとすることがありますが、随分慣れてきました。

明日からシルバーウィーク。
ロードバイクでどこへ行きましょうか。
楽しみで仕方ありません(午後からちょっと出勤しなければなりませんが、それでもウキウキです)。

行楽日和。
皆さまにとっても、いいお休みになりますように。

ロードバイクのシューズ

ロードバイク用のシューズ、専門用語でいうと、ビンディングシューズを購入し、一ヶ月が経とうとしています。



といっても、ロードバイクに詳しくない方は、ビンディングシューズをご存知ないと思います。

ビンディングシューズとは、ペダルにシューズを固定させる装置を備えたシューズのことです。



上の写真を御覧ください。
靴の裏に金具がついているのが見えるでしょうか。

この金具の部分を、



この、ビンディングシューズを受け止める装置のついたペダル(ビンディングペダル)の上において、双方を固定するわけです。

これにより、人馬一体の運転が可能になり、飛躍的に走行性能が高まるんです!

またシューズとペダルが固定されていれば、足を上方向に引き上げるときもペダルがついてくるので、効率的なペタリングが実現でき、勾配のきつい坂道や長距離を走るときなど、疲労感がまったくかわってくるのです。

とはいえ、デメリットもあります。

…そうです。
問題は降りる時です。

ペダルからシューズを外すときは、かかとを外側へグィッとひねるのですが、これが慣れないシロウトには難しいのです。
とっさの時、うまく対処できず、立ちごけをしてしまうリスクがあるのです。

まだまだヒヤリとすることがありますが、随分慣れてきました。

明日からシルバーウィーク。
ロードバイクでどこへ行きましょうか。
楽しみで仕方ありません。

レッドカード

イエローカード+のコピー_convert_20150905193913

歴史的な愚策が強行採決される見込みです。

そんなに急くのは、自信がないからでしょう。
自信があるのなら、国民投票にはかればいいのです(安保法制の問題は、税金を大量につぎこんで見せかけの景気回復をはかったアベノミクスよりも、ずっと重い問題のはずです。もっともその効き目が切れる前に、強行採決できる議席を確保してやろうとする企みに、見事、国民が引っかかったといえるのですが)。

国民はバカだから、政治家が強引にでも決める必要があるのだという考えでいるとしたら、余計なお世話です。
民主主義とは、国民が自らの国の未来を責任をもって決めるものです。
政治家の先生方はそれに従って、そのなかで最善の道に進んでいけるよう仕事をしていただくのが、その役目のはずです。

問題なのは、国民の意思を反映してくれる党が不在なことです。
これを解決する究極の策として、世論調査などであがった国民の声の数に従うことだけをマニュフェストにかかげた党を存在させることではないでしょうか。
党としての主張をもたない、そんな無機質な存在が、案外、今回のような暴走をとめる受け皿になってくれるかもしれません。

抑止力

抑止力+のコピー_convert_20150822090323

威嚇で平和をつくろうとする手法は、全核施設を稼働させているお隣の迷惑国と同じ発想です。
もっと大人な国になってもらいたいですね。

全快しました

ご心配かけて申し訳ありませんでした。
嘘のように、全快しました。

忙しく、うまくいかないことも多い大変な一日でしたが、何とか乗り切ることができ、ホッとしています。
ただ帰宅時間が遅かったので、たいしたものを投稿することはできません。

昨夜読んだ半生記の作家名だけ明かします。
村上春樹さんでした。

DSCN3698.jpg

村上さんが、作家になった話、面白かったです。
あまりに不思議なことが降りかかって、作家の道を歩むようになったからです。

ネタバレは、これから読もうと思っている方に失礼なので、やめておきます。
小説の書き方も学べる、素晴らしい本ということで止めておきます。

少しは回復

休日は、おとなしくしていため、少しは体調が回復しました。
くしゃみがまだ出ますが、重症化せずに済みました。

明日も仕事がハードなので、早く寝ます。

寝る前に読もうと思っている本があります。

先ほど衝動買いした、ある有名作家の半生を書いた本です。
その作家は誰なのか、また読んでみた感想は、また後日。

おやすみなさい。

大丈夫?

大丈夫?+のコピー_convert_20150912063418

秋といえば、スポーツ。
運動会を開催する地域も多いと思います。
いい汗を流しましょう。

このネタは、この芸人さんを知らないと理解不能だと思います。



ありがとうございます

体調不良のなか、なんとかハードな一日を乗り越えました。
温かいコメントをいただき、涙がでる思いです。

熱ぽいので、早く休みます。
みなさんもお風邪をひかぬよう、温かにしてお休みください。

風邪の予感

どうも風邪を引いたみたいです。
くしゃみが出て、お腹の調子もよくありません。

昨日の腰の痛みは、風邪の兆候だったのかもしれません。

タオルケットから毛布にかえたという話をしましたが、急な悪寒に襲われたのも、風邪のひきはじめだったからでしょう。

明日は、今週一番のハードな仕事が待っております。
早めに寝て、明日一日無事乗り切るように努めたいと思います。
では、おやすみなさい。

絵画鑑賞

美術館+のコピー_convert_20150829103048

芸術の秋も、もう間近。
美術館は落ち着くので、大好きです。
さてこの秋は、どの美術館に行きましょうか。

さらばタオルケット

台風の上陸で、明日の天気が心配されるところですね。

悪天候の日が続いているせいか、朝方になると、ぐっと気温が落ちてくるのを感じます。

今朝4時、あまりの寒さで目が冷め、タオルケットで体を首まで覆いました。

でも寒い。
歯がガタガタなるくらいです。



なので、毛布を押し入れから出して、体にかけました。

DSCN3697_convert_20150908200048.jpg

これでようやく、体が温まり、快眠。
家族で、こんなことをしているのボクだけです。

この先が思いやられます。

立ち向かえる困難

休日のロードバイクでのヒルクライム(山に登る)が、すっかり習慣になってしまった私です。
先日の休みも、近所のお山を登ってきました。

出発時間は、午前5時ちょい過ぎ。
天候は曇り。
とくに目指すお山の頂上には分厚い雲がかかっていました。

このコース…。
車でも二、三回しか来たことのないというコースであります。
なので、前日、グーグルマップで下調べをして、コースを頭にたたき込みました。

それだけ準備をしても、やはり初めてのコースは不安。
実際に走ってみないと、山道の状況はわかりませんし、難易度も正確にはつかめません。

そんな不安をかかえながら、挑戦してみたいという好奇心に引っ張られて、たった一人で霧のまく山道を縫っていきました。

道路はそれなりに広かったですが、いつものコースと違い民家が少なく、熊さんにいつ遭遇してもおかしくない雰囲気。
いや、それよりも、誰ともすれ違わない薄暗い山道を登っていくのは、とても不気味で、早く集落のある頂上に到達したいと気が焦るばかりでした。

ところが、いくらカーブを曲がっても、頂上は見えてきません。
勘弁してと弱音を吐きながら、ようやく到達できたのは、家をでてから50分後でした。

P1000097.jpg

上の写真が、頂上で撮った写真です。
そこではじめて足を下ろし、折れずに登りきった達成感は、やはり他にはかえられぬもの。

息が整ってくれば、もっと困難な山に挑戦してみたいと思うのでした(平地だと、ヒルクライムほどのたっせい。
感は得られません。気分転換してきたレベルにとどまります)。
これを思うと、人間とは、困難に立ち向かうのを楽しみにする本能が備わっているのがわかります。

これが仕事となると、とたんに弱気になるのが不思議。
仕事が楽しみならば、どれほど毎日が楽しくなるか。

そういえば、松下幸之助も言っていました。
会社で出世する人は、仕事が好きな人であると…。

ロードバイクで学んだことを仕事にも活かさないといけませんね。

人好き

人懐っこい+のコピー_convert_20150906154856

蚊に刺される季節が終わるのも、もうじきですね。
今週も雨の日が多そうです。
皆さんにいいことがありますように。

炎天地獄

炎天地獄+のコピー_convert_20150823160546

今日(9月5日)は、久々の晴天でしたね。
晴れると蒸し暑く、残暑を実感します。
でもこんな日も、もう減ってくるのでしょう。
寂しいような何とも言えない気持ちです。

公募しませんが

白紙撤回された東京オリンピックエンブレム。
再公募するそうですが、あの騒動の後ですから、採用されれば大注目されること間違いなし。
佐野氏の二の舞は踏みたくないと思う人も多いはずで、なかなか勇気をふるって応募するデザイナーは少ないのではないでしょうか(ボクだって、いやです)。

なので、昨夜、寝る前に思いついたデザインを遊びで描いてみました。

オリンピックエンブレム+のコピー_convert_20150904201621

デザインの意図を説明しますと、世界共通のジェスチャーであるウエルカム・ポーズを人文字にしてみました。
同時に、頭の赤い丸は、我が国の国旗である日の丸を連想させるものにしてあります。

和のイメージを強くするため、胴体のTの略字は墨にしました。
また、墨の勢いのある払いは、スポーツの躍動感を表現するのに効果的なので、足元の影にいれた日本の象徴である富士山の頂上、つまりトップを目指して、すべての選手が競い合っている様子を、それで描いています。

15分程度で仕上げた作品ですので、雑な仕上がりです。
公募する気もないので、この程度でお許し下さい。

前途多難な東京オリンピックですが、日本の質の低下をこれ以上世界に印象づけることのないよう、どうか、どうか、誠心誠意成功に向けて頑張っていただきたいものです。

金曜日の意味

今週も早出、残業のハードな日々が続いております。
心身とも疲れ果てているので、夕食を食べ、ブログに資格試験の勉強をちょこっとすると、早々寝てしまう毎日です。

だから、休日前の金曜日がくると、ウキウキしてしまいます。
喜びの絶頂は、金曜日の夜にアリです。

人生を山登りに喩えるのは、昔からよくある話です。
最近、ロードバイクで山を登ることが多いので、それを深く実感しております。

で、金曜日を山登りに喩えるなら、山頂へむかってクネクネ曲がる坂道の、ちょうど踊り場のような場所ではないでしょうか。

もう限界と思う山道も、そういう一息つける踊り場があるから、何とか頑張れるものです。

人生も同じだと思います。
一生を生ききるというのは、楽なものではありません。

でも金曜日のような、ホッと一息をつける時間があるから、何とか乗り越えていかれるのだと思います。
それが一日なら、3時のコーヒーを飲む時間であったり、お昼寝をする時間であったりするでしょう。

そういう息抜きタイムをうまく取り入れていくことが、本当に大切だと思う今日この頃です。

気になる休日の天気

最近、あまり天気が良くないですね。
こないだの土日は、悪天候で、ロードバイクにのれませんでした。

今度の土曜は、良さそうですが、天気予報がころころかわるので、安心はできません。
ロードバイクをはじめてから、ロードバイク中毒になっております。

ああ、山に登りたい。
自然と触れあいたい。
限界に挑戦して、達成感を得たい。

そんな思いに駆られています。
待ち遠しいな、休日。

ドリーム

ドリーム_convert_20150901203121

08 | 2015/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
325位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ