復活

愛車のトラブル無事解決しました。

原因はやはりバッテリーあがり。
一ヶ月ほど、まったく動かさなかったのに問題があったということでしょう。
せっかくJAFに入っているので、使わせていただきました。

で、昨日は、バッテリーの充電もかねてドライブ。
天気も良かったので、気持よかったです。

春そのもののぽかぽか陽気。
試験は終わったし、気分も春めいてきました。

それとは一転。
今日は雪が舞う陽気。

でも、週の後半からは暖かくなるようで、うれしくなります。
3月はいいですね。

スポンサーサイト

どうして

キャリア検定後、初の連休。
自己採点で合格ラインに達していることを確認でき、昨日は朝から気分がよかったです。

天気も良かったので、午前中、ウォーキングがてら、引き延ばしていた散髪に行きました。
床屋はもちろん、いつもの激安店。

店内に入ると、待っているお客はゼロ。
ラッキー!
とばかりに、長椅子に腰掛けるやいなや、さっそく、散髪が終了したお客が立ち上がりました。

これも、ラッキー!
と、いきたいところですが、待ち構える理容師は、何度かこのブログに登場している清原和博似の中年男…(前回の記事はコチラ

ロシアン、ロシアン、ルーレット♪
理容師が三人もいるのに、当たるのはいつもコイツ。
オレはヤツの固定客か!

先月はめずらしく違う理容師でしたが、それを除いては、すべて、この中年男という的中率です。
恐ろしいです。

もはや笑うしかない、そんな気分で、着座。
ええぃ、さっさとやってくれ! と腹を決め、背筋を伸ばしました。

それにしても、イモムシのようなヤツの指が首筋を這う感じ…。いつになっても慣れません。
それに、ヤツのそっくりさんである清原和博氏は、今大変なことになってますからね。

いつもに増して虚ろな目をして、手馴れない感じで動くヤツの腕…。
こいつもやってんのか!

余計に清原和博氏とオーバーラップして、背筋が寒くなります(なんか、手にするものすべて、凶器に見えてくるのです。着たきりスズメのように、毎度変わらぬドクロマークのはいったダボダボTシャツも恐っ!)。

冷や汗を流しつつ耐えること、10分。
散髪がようやく終わると、ヤツは大きな手鏡を手にして言いました。

「一応、鏡見てみますか?」

な、なんだ。一応って…。
オレに任せておけば大丈夫だから、(後ろ髪など)見る必要がないだろう、という意味なのか。
どうせ大したヘヤースタイルじゃないのだから、見る必要もないだろう、という意味なのか。

どちらにしても、間違っているだろう!
と憤慨しつつも、怖いので、「はい、一応」と、おとなしく返答。

恒例の手順を踏んで、散髪終了となりました。

清原+のコピー_convert_20160227132056

こんな感じの理容師がいる理容室ですが、1000円(税込み1080円)ですので、今後も通い続けると思います。
次回は店の外で偵察して、うまく外れるように順番をずらすかなぁ。


サクラサク

先週の日曜日に実施されたキャリア検定の正解表がネットで発表されておりました。

ドキドキしながら答え合わせをすると…、
無事、合格点(60点)をクリアしておりました。

77.5点でした。

ん?
77.5…。
なんとも切りの悪い点数…。

でも、一問あたり2.5点で、40問中31問正解だと、こうなってしまうのです。

四捨五入で、78点にしてくれません?

ま、それは置いといて、間違った問題を見直すと、正解だと自信を持っていたものが、何問か含まれておりました。

そのくやしい不正解は、2問。

もっとよく読んでおけば、不正解を防げたので、くやしいです。
これが正解していれば、82.5点(これも切りの悪い点数ですが)だったのに…。

でも確実にとれると読んでいた点数は、72点だったので、まぁヨシとしましょう。

テスト後、一緒に試験を受けた同僚の何人かと話しましたが、みな見込みがなさそうだと声を落としておりました。
やはり、それなりに頑張らないと、難しい試験であったようです。

久々の、気持ちが軽い休日。
これで、愛車のトラブルがなかったら、と思いますが、ま、それは置いといて、今日明日の休日を楽しみたいと思います。

おあずけ

この一ヶ月、誘惑を断ち切って望んだキャリア検定。
ようやくその苦行から解放され、楽しみにしていたロングドライブでしたが、愛車のエンジンをかけようとすると、かかりません…。

あまりにも乗らなすぎて、バッテリーがあがってしまった。゚(゚´Д`゚)゚。

やれやれ、です。
思うようにいかないものですね。

中年の勉強術

久々の試験に向けての勉強、本当につかれました。
テストが終わった後、あしたのジョーではありませんが、燃え尽きた…、という感じでした。

今回のテストでわかったこと、若い頃に比べ、物覚えが非常に悪くなったということです。
頭だけでなく、体力も落ちております。
仕事を終え疲れ切っているのに、夜勉強をしなければならないキツさ。罰ゲームかと思ってしまうほど。

なので、勉強の仕方も工夫しなければなりませんでした。

今回のテストのテキストは、なんと二冊というボリューム。
テキストも難解で、ポイントがつかみにくいという代物でした。

なので、合格率も、50%という難易度!(つまり2人に1人が合格ということですが、受験者は、2回目、3回目という人も珍しくありません。ストレートで合格するのは、なかなか難しい試験なのです)

で、まずとった戦略は、過去問を調べ、よくでる分野を絞るというものです。
出題のされ方もわかるので、大変参考になります。
これは、大学受験などでも使われる常套な方法ですね。

次にとった戦略は、確実に点数が獲れるポイントを落とさないよう、確実に暗記するという手法でした(要は計算式や用語、記号などをしっかり暗記するということです)。
で、暗記すべきところは、ノートやカードに書き写し、効率良く勉強できるようにしました。

で、会社では、時間のあいたときにテキストの上巻を読み、家ではテキストの下巻を読むという作業を繰り返しました(特に出題頻度の高いところを気を入れて)。
家だけで、すべてをこなせるボリュームではありませんし、分散した方が集中力がもつので、こういう方法をとりました。

暗記物は、テストの直前にたたき込む戦法をとりました。
暗記は短期でも間に合いますし、そんなものに時間を費やすぐらいなら、1ページでもテキストを読んだ方が効果的だと思ったからです。

あとはノルマを目に見えるものにすること(そうすることで、今日はここまでやらねばという意識づけができるので)。

こんな感じで、テストに臨みました。

能力が落ちた部分を工夫で補う。
それが中年の戦い方です。

それが効果的だと知っただけでも、いい経験になったと思います(テスト後の疲労回復の遅さだけは、補う術がありませんが)。

技術の進歩が早い時代なので、学び続けないと戦力にならないと見放されてしまいます。
わかってはいるのですが、辛いですね。


気になる映画

このあいだツタヤに行きましたら、気になるSF小説をみつけました。

その本のタイトルは『火星の人』(アンディ・ウイヤー著)

なんとも、引っかかるタイトルです。
だって火星人じゃなく、火星の人ですよ。

興味がひかれ、その単行本の裏に書かれてある内容紹介を読んでみますと、火星探索中のクルーたちが火星で猛烈な嵐におそわれ、撤収を余儀なくされたが、そのうちの一人が逃げ遅れ、行方不明になってしまったという設定。

当然、皆は彼の生存はありえないと判断。
飛び去ってしまいます。

が、奇跡的に生き残った彼。
残された水も空気も食料もわずかしかないなか、4年後の有人飛行が訪れるまでの間、植物学者としての知識と科学の力を駆使して、なんとか生き延びようと孤軍奮闘するのです。

なんとも、ワクワクする話ではありませんか。
大ヒット映画『ゼロ・グラビティ』に、共通するものがあります。



映画といえば、この小説、現在『オデッセイ』(ホンダのクルマではありません)というタイトルで、上演されています。



キャリア検定も終わったので、見に行こうかなぁ。評判もいいみたいだし。

もち肌

もちはだ+のコピー_convert_20160213172129

きみまろさん、かなり失礼なことを言っているのですが、中高年に受けてしまうのは、なぜでしょう。
笑いに変えることで悩みが小さくなるからなのか、年を重ねて器が大きくなった中高年がすごいのか。
きっと、どちらもでしょう。

でも今の人って、鏡餅食べるのでしょうか。
家もいつから食べなくなったのか。記憶にありません(今話題の野々村被告ではありませんが)。

ひと息

先週はキャリア検定の勉強に専念するため、新しい記事の投稿をお休みしてしまい、誠に失礼しました。
お陰様で、無事試験を終えることができました。

しっかり勉強した甲斐があって、合格の手応えアリです。
これでようやく試験勉強から解放されました。

と言いたいところですが、上司から、合格したら続いて、さらに上級の検定を受けろとのこと。
忘れないうちにチャレンジしたほうが楽だからという理由です。

勘弁して~っ、というのが正直な気持ち。
もうしばらく勉強は、ノーセンキューです。

期待されるのは、うれしいのですが。
あ~あ。しんどい。

仇討ち(再)

仇討ち+のコピー_convert_20141214113511

いよいよキャリア検定の日です。
頑張って参ります。

いざ出陣!

ママのお仕事(再)

ママのお仕事+のコピー_convert_20141123210726

いよいよ明日、キャリア検定の試験が行われます。
その勉強に専念させていただいております(頭に入ってきません)

今日も、厳選した過去の投稿マンガを掲載します。

コメントの返答をする余裕がないため、試験が終わるまで閉じさせていただきます。
誠に申し訳ございません。

代用品(再)

代用品+のコピー_convert_20141109150533

キャリア検定の試験が今度の日曜日に行われるため、その勉強に専念させていただきたく思います。

しばらく記事の投稿は休みます。
そのかわり、厳選した過去の投稿マンガを掲載します。

コメントの返答をする余裕がないため、こちらも試験が終わるまで閉じさせていただきます。
誠に申し訳ございません。

新婦の誓い(再)

新婦の誓い+のコピー_convert_20140920085348

キャリア検定の試験が今度の日曜日に行われるため、その勉強に専念させていただきたく思います。

しばらく記事の投稿は休みます。
そのかわり、厳選した過去の投稿マンガを掲載します。

コメントの返答をする余裕がないため、こちらも試験が終わるまで閉じさせていただきます。
誠に申し訳ございません。

効能なき名湯(再)

効能なき名湯+のコピー_convert_20131105202551

キャリア検定の試験が今度の日曜日に行われるため、その勉強に専念させていただきたく思います。

しばらく記事の投稿は休みます。
そのかわり、厳選した過去の投稿マンガを掲載します。

コメントの返答をする余裕がないため、こちらも試験が終わるまで閉じさせていただきます。
誠に申し訳ございません。

未知との遭遇(再)

未知との遭遇+のコピー_convert_20130918214135

キャリア検定の試験が今度の日曜日に行われるため、その勉強に専念させていただきたく思います。

しばらく記事の投稿は休みます。
そのかわり、厳選した過去の投稿マンガを掲載します。

コメントの返答をする余裕がないため、こちらも試験が終わるまで閉じさせていただきます。
誠に申し訳ございません。


アイラブ尾崎(再)

アイラブ尾崎+のコピー_convert_20130831091850

キャリア検定の試験が今度の日曜日に行われるため、その勉強に専念させていただきたく思います。

しばらく記事の投稿は休みます。
そのかわり、厳選した過去の投稿マンガを掲載します。

コメントの返答をする余裕がないため、こちらも試験が終わるまで閉じさせていただきます。
誠に申し訳ございません。

お詫びの品

お詫びの品+のコピー_convert_20160213071219

何の恨みがあるのか、昨日に続いてバレンタイン・ネタになっちゃいました。

くちどけの良いチョコ、失敗の産物だって知ってました?
くちどけの良いチョコの開発に苦労していた研究者が、ある日、チョコをかき混ぜているミキサーの電源を落とさないまま帰ってしまったそうです。
それで、成功のヒントを得られたとか。

失敗は成功のもとです。
また失敗をしないのは、何の挑戦もしてないということでもあります。
失敗を全否定し、失敗をなかったものにしようと、火消しにばかりに躍起になる寛容のない社会になりつつありますが、なんかもったいない気がします。

失敗のない人間はいません。
そこから何かを学び取り、成功への糧にできるたくましさをもちたいですね。


負けず嫌い

負けず嫌い+のコピー_convert_20160213053838

久しぶりの暖冬

今日は暖かでしたね。

朝は相変わらずでしたが、帰りは暖かく、チャリで帰ると汗ばむほど。

明日はもっと暖かくなるそうです。
地域によっては5月並みのところも。

月曜日からまた冬に逆戻りみたいですが、春はもうすぐです。

受験シーズンでもあります。
受験生の皆様。いい春がくることを祈ります。
って、自分も来週はキャリア検定の試験です。

土日も勉学に精を出さねば。
この年になってテスト勉強するなんて。
全然頭に入ってきません。悲しい〜っ。

宿命

冬になると、庭に生える木の枝にりんごを刺し、食べ物がなくて困っている鳥に餌を与えるのが常になっております(その光景を見て、慰められてもいるのですが)。

今年も、その餌を求めて、我が家に様々な鳥が訪れます。
例えば、スズメ、メジロ、ヒヨドリ、ムクドリ、オナガなど。

そのなかで強いのは、ムクドリとヒヨドリ。
身体が大きく、声も大きい彼ら。
スズメが餌をついばんでいるのを発見するやいなや、油の切れたブレーキのようなけたたましい声を響かせ、猛スピードで突進してきます。

ゆっくりと食事を楽しめないスズメを見る度に、ムクドリを憎らしく思ってしまいます。

が、ムクドリもスズメと同様、冬の食事に困っているのです。
それを理解せず、見栄えの悪いムクドリを嫌い、かわいらしいスズメを優遇するのは、本来の餌やりの意義を薄めるものになってしまいます。

ホント、仲良く食べてもらいたいですね。
でもそれは絶対に無理でしょう。
理想と現実のギャップを知ると、援助というものの難しさを学ばされます。

また、運不運についても学ばされます。

人間は平等だなんて教わりましたが、現実はそうではありません。
努力をしても、恵まれた人にはなかなか勝てないのが現実。
それを思い知らされると、ああ、自分はなんて運がないのだろうと落ち込みます。

でも、ムクドリに追い払われるスズメを見ると、それは運不運ではなく、宿命であると認識させられます。
つまりムクドリはムクドリ、スズメはスズメ、運不運で識別されるものではないということです。

スズメはスズメとして生まれた宿命を受け入れ、ムクドリに追いはらわれながらも、そのスキをみて餌をついばむことで生命をつなぐしかないのです。

自分を悲劇のヒロインにせず、自分で自分を見捨てず、根気強く頑張り続ける。
その先に、自分なりの花が咲くと信じ、めげずにいきたいですね。

心配な日本市場

先日、ダイハツがトヨタに完全子会社化されるというニュースが飛び込みました。

目的はもちろん、小型車が売れる新興国市場での競争力を強化するため。

トヨタはタイ、ダイハツはインドネシア、マレーシアで販売基盤をもってますが、いずれの国も不景気で販売が芳しくありません。
なので、スズキが高収益をあげているインドを中心にした周辺国へ進出し、シェアを伸ばしたいというわけです。

軽自動車業界において、活気のあるスズキに比べ、元気のないダイハツ。
そんなダイハツも、トヨタからの支援をこれまで以上に得られることで、ハイブリッドなどの最新技術や、トヨタが得意とする品質アップのノウハウが投入され、元気を盛り返すかもしれません。

が、心配なのはデザイン。

というのも、最近のトヨタのデザイン。
登場したばかりのプリウスやシェンタ(シェンタ実は好きで、欲しい車の一つになってます)などを見ると、なんか深海魚のようです。
いや、プリウスに至っては、深海魚どころか、マンガ『寄生獣』に登場する寄生生物ミギーのよう(といいつつ、見慣れると斬新なデザインのように思われます。とくに後ろが好き)。

となると、ダイハツの人気車種コペンもこんな着せ替えボディが派生することになるのでしょうか。

コペンプリウス+のコピー_convert_20160130152548

また、もうひとつ心配しているのは、フォードが日本市場撤退というニュース。

撤退の理由は、日本市場での販売がふるわないのが第一。
第二の理由としては、少子高齢化が進む日本市場は先細りするばかりだと分析し、そんな将来性のない市場で踏ん張っても仕方がないということだそうです。

確かに今の日本、輸入車でなくても、普通車を売りにくい市場になっております。
高齢者は年金生活で普通車を買う購買力はありませんし、若者もクルマを買う資金も維持する余裕もありません。
その親世代の中年層も、子どもたちへの仕送りを十分に出せない経済状況。
普通車を3年ごと、買い換えられるような恵まれた家庭は、ほんの僅かな状態になっております。

そんな日本市場。
「選択と集中」でフォードに続けとばかり、撤退しはじめる輸入車メーカが増える可能性がないとはいえません。

この変化が、日本市場の厳しい未来の始まりでないことを祈るばかりです。

ありがたい祝日

今週は11日が祝日。
明日行けば、お休みです。

週の半ばにお休みがあると、助かりますね。
キャリア検定も迫ってますので、ゆっくり休んでおられませんが。

土日はあまり天気がよくないようなので、11日は有意義に過ごしたいです。

ひとまず解決

昨年末から悩まされていた問題、一応解決されました。

その問題とは、ノートパソコンからグーグルが提供するクラウドサービスの編集ができなくなるという問題であります。
ワタクシかなりのメモ魔なので、グーグルドライブが使えないと非常に困るわけです。

ふり返れば、この症状があらわれたのは、新しいセキュリティソフトを入れてから。
以前はウィルスバスターズを使っていたのですが、その有効期限が切れかかったので、少しでも安いセキュリティソフトにしようと欲を出し、カスペルスキーのものに乗り換えたのです。

すると、ディスクトップパソコンではグーグルドライブは編集できるのに、ノートパソコンではダメという状態に。
いろいろ手を尽くしたのですが(このトラブルについての記事も書き、皆様にもヘルプを願うまでも)、事態は改善されず、お手上げになってしまいました。

もう打てる手は、セキュリティソフトの入替しかないと思っていましたが、昨日、ある方法を試してみたところ、普通にグーグルドライブを使えるようになりました。

その方法とは、ブラウザを変えて、グーグルドライブに入るというものです。
今まで使っていたGoogle Chromeからは、相変わらず編集できませんが、とりあえずは問題解決。

何事もなんとかなるものですね。
それにしても素人には手に負えないトラブルが多すぎます。
再乗り換えように、ウィルスバスターズを買ってしまったのは、痛い出費となりました。トホホ。

殺し屋

殺し屋+のコピー_convert_20160207064709

毎週日曜日の朝、楽しみに聞いているFMラジオ番組の『SUNDAY FLICKERS』。略してサンフリ。

その番組でアシスタントを務めるフリーアナウンサーの石田紗英子さん。
この方、アナウンサーなのにニュース原稿をかみまくるので有名なんですが、今朝も期待を裏切らず、かみまくってました。

それが影響したのか、番組内で交通情報を伝えるお姉さんも、石田さんに負けないくらいかみ始めました。
厳しいツッコミの春風亭一之輔師匠(特に今日は厳しくいくぞ!と息巻いておりました)、このお姉さんにもツッコミたかったはずですが、さすがにそこは抑えておりました(でもツッコミ聴きたかったなぁ)。

先週は風邪で寝込んだという石田紗英子さん。
伝染させたのは、風邪だけではなかったのでしょうか。

皆さまもかみ、いや風邪には気をつけましょう。

値引き上手

値引き上手+のコピー_convert_20151231083616

水産庁からの

今日は、珍しい間違い電話をうけました。
仕事の合間、ふと携帯を見ると、着信を知らせるライトが点滅しておりました。

調べてみると、知らない電話番号が…。
2度の着信があり、留守番電話まで入っておりました。

ちょっと気になったので、留守番電話を聴いてみようとボタンをプッシュ。
ところがうっかり操作を間違い、その先に電話がいってしまいました。

すると、「水産庁ですが」との声が…。

思いもしない先だったので、こちらはしどろもどろ。
悪質な電話でないかという疑念もあるので、自分の名前は決して教えてはなるまいと気が焦り、「どちら様ですか?」と間抜けな返答をしてしまいました。

当然向こうは、「水産庁です」と返事。
こちらは、もはや気の利いた切り返しがみつからず、「間違い電話でした」と答え、電話を切ってしまいました。

後で留守電を聴いてみると、「名刺がうんたらかんたら」。
当事者の間だけで繋がる内容で、第三者には理解できないものでした。
その後、水産庁からの電話がないので、単純に電話番号を間違えただけだと推測されます。

変な電話が多いので、妙に疑り深くなってしまいますね。
マジメに電話をかけてくる人に、失礼なことをしていることも多いでしょう。
ホント、申し訳なく思います。



水産庁からではなく、カナダからの手紙だったら、うれしかったです(なんのこちゃい!)

気配

立春ですね。
寒さは相変わらずですが、日は伸びてきました。
それがうれしいです。

それにしても年が明けてから、芸能界は大きなニュースが立て続けに起きてますね。
こんな年珍しいように思います。

芸能界、スポーツ界、政界など、華やかな世界の人から見れば、平凡な、我々庶民の暮らしは取るに足らないものに見えるかもしれません。

しかし平凡に無事一生を送ることが、いかに大変な努力を要することか。
それをしみじみと感じさせられる今日此頃です。

穏やかに笑顔で暮らせることが、一番の幸せだと思います。

食べました、でも

今日は節分ですね。
そこで食べました、恵方巻き。

ボクの住む地域の風習ではないのですが、いつの間にか広まり、いつしか食べて当たり前みたいな感じになっております。

でも、これを食べるたびに思います。
これって逆に身体に悪くないのかと。

それにマジメに従うお年寄り、事故起きていないのでしょうか(恵方をむいたまま、恵方に逝ってしまう、なんて…)。
ちょっと心配の思う風習のひとつです。


おめでとう

琴奨菊の優勝、いやぁうれしかったです。
日本人の力士がそんなに久しく優勝していなかったんですね。
人柄も良さそうなので、好きな力士です。

奥様も美しく、二重の喜びですね。

琴奨菊といえば、印象的なポーズがありますね。
あのポーズを見ると、肩についた大砲でも打つような仕草に感じてしまうのはボクだけでしょうか。

琴奨菊+のコピー_convert_20160130051743

いずれにしても、個性があるのはいいことです。
春も期待してます。

思わず観たくなる

久しぶりの、オススメラジオ番組です。

今回紹介したいのは、スカパー!日曜シネマテーク(FM東京/JFN全国38局 毎週日曜日15:30〜15:55)です。

この番組では、「PREMIERE」という雑誌の元編集長であるグレゴリー・スターさんと女優の笹本玲奈さんを進行役に、毎週二名の各界の著名人を番組に招き、二名がオススメする映画を紹介するという流れになっております。

で、この番組。
数あるオススメ映画を紹介するラジオ番組のなかでイチバンオススメです。

なぜか。
ゲストの紹介する映画が、彼らがこれまで見たなかでイチバン好きな映画であるからです。

なのでその思い入れがスゴイのです。

なかには、何度も見返すほど好きな方もあり、その映画の魅力を恐ろしいほど深く洞察(ゲストには映画監督や役者など、その道のプロが多く招かれるので)。
なるほど、この映画には、こんな意味が隠されていたのかとか、こんな優れた手法を使っていたのかなど、開眼させられること珍しくありません。

その説明を聞き、何度、紹介された映画を観たくてツタヤに足を運んだことか…。
新しい映画もいいですが、古い映画もオススメです(古い映画のレンタル料金は、缶コーヒーより安いこともありますが)。

映画好きにはたまらない番組です。
ぜひご試聴を。

01 | 2016/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
303位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
1位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ