レッドカード

イエローカード+のコピー_convert_20150905193913

歴史的な愚策が強行採決される見込みです。

そんなに急くのは、自信がないからでしょう。
自信があるのなら、国民投票にはかればいいのです(安保法制の問題は、税金を大量につぎこんで見せかけの景気回復をはかったアベノミクスよりも、ずっと重い問題のはずです。もっともその効き目が切れる前に、強行採決できる議席を確保してやろうとする企みに、見事、国民が引っかかったといえるのですが)。

国民はバカだから、政治家が強引にでも決める必要があるのだという考えでいるとしたら、余計なお世話です。
民主主義とは、国民が自らの国の未来を責任をもって決めるものです。
政治家の先生方はそれに従って、そのなかで最善の道に進んでいけるよう仕事をしていただくのが、その役目のはずです。

問題なのは、国民の意思を反映してくれる党が不在なことです。
これを解決する究極の策として、世論調査などであがった国民の声の数に従うことだけをマニュフェストにかかげた党を存在させることではないでしょうか。
党としての主張をもたない、そんな無機質な存在が、案外、今回のような暴走をとめる受け皿になってくれるかもしれません。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

強行採決はやめてほしい……と思ってもやるんだろうなあ。
こういう時のための不信任決議制度なんですが、与党の勢力が強いとそれも通らないから誰も議案提出しないんでしょうね。

無力を感じます……。

No title

おはようございます。
嫌な世の中に生って来ましたね。

No title

国民をなめてる安倍、天罰がくだりますように!

安倍総理登場!!

4コマ、最後に安倍総理登場には驚きました。
まさにレッドカードです。
草々

こんにちわ^^

いやァ、阿部首相は審判には不向きですよ。
アメリカチームは、どんな反則をやっても咎めないけど、他国のチームには全部レッドカードを出す審判です><
米国のやる事は全て正しく、よその国は全部間違っている…FIFA、いや国民がクビにすべきでしょう(笑)

安保

いったいどうなるんでしょうね・・・
安部総理のあんぽんたん安保んたん♪

No title

こんばんは~♪
今日午後五時過ぎに前代未聞の暴挙が参院安保法制特別委員会で行われました。
単なる強行採決ではありません。
安倍首相が退席するやいなや、まるで示し合わせたかのように戦争法案の強行採決に及びました。
安倍首相にとっては参議院が良識の府といわれていることも無関係のようです。
締めくくり総括質疑も省略しいきなり採決強行したツケは必ず払ってもらいましょう!!

No title

椿さん
コメントありがとうございます。

自民党の終わりの始まりだと思います。
今が数の力で勝るだけということ。
その後の反動が大きいでしょう。

No title

ピーちゃんこさん
コメントありがとうございます。

本当にこれが日本なのかと愕然とします。

No title

和 八葉さん
コメントありがとうございます。

必ず下りますよ。
自民党、後は衰退するばかりです。

No title

ささげくんさん
コメントありがとうございます。

レッドカードで、じきに退場に追い込まれるでしょう。

No title

sado joさん
コメントありがとうございます。

安倍さんは、審判をくだされる立場のほうでした。

No title

もも さん
コメントありがとうございます。

勝った気になっているでしょうが、もう衰退の始まりです。
自民党という狭い井戸のなかでふんぞりかえっているカエルにすぎません。

No title

まり姫さん
コメントありがとうございます。

あと2年もすれば、立場がかわって、廃案になっているかもしれませんよ。
三日天下です。

No title

こんにちは。

強行採決は、確かに褒めた話ではありませんが
我が国は、議会制民主主義、
つまり代議士による間接民主主義ですから
僕たち、国民の権利の行使は、
選挙によってなされるべきですよね。

だから、デモや政治活動は、国会前で、今の時期はなく
選挙の前に、各j地方で行うべきであり
僕たちブロガーも、そうした活動なら、できるはずだと僕は考えます。

支持する政党がなくても、
自民党を過半数にしないための投票なら
誰でもできるように思います。


ただ、ぶっちゃけ、僕がさっぱりわからないのが
安保関連法案に反対な皆さんは
いったいどういうプランなら賛成なのか?…という事です。

今回の法案が、憲法違反というなら
そもそも、誰が見たって軍隊の自衛隊こそ、憲法違反でしょう。
自衛隊は、専守防衛だからあってもいいのでしょうか?
そういうのもまた屁理屈ですよね。

そしてまた、過去、我が国が平和だったのは
平和憲法があったおかげではなく
アメリカや西ヨーロッパが十二分に強く
また、日本の周辺国家が、まだ発展途上で
周囲を脅かすほど強力ではなかったかただ…ということは
僕が言わなくとも、自明の理ですよね。

ベトナム戦争や湾岸戦争に派兵しなかったのも
日本が十二分に豊かな国であり
参戦した各国は、日本の兵力より、日本のお金に期待した
というのが、本当のところではないでしょうか?

さて、時代は変わって、ロシアは北方領土を返そうとはせず
北朝鮮は相変わらずで、韓国は中国寄りに舵を切り
当の中国は、尖閣はもちろん、領海沿いに油田リグを一杯建て
太平洋進出の障壁となる日本への進出意図はミエミエの昨今

どうやってこの国を守るつもりか?
安保法案反対の方々に聞いてみたいとは思っています。

逆に中国から見ると、例えば将棋でいえば
遠くの飛車煮守られた、王の鼻先にある金のような存在。
邪魔になる反面、入手できたら、貴重な財産にもなりますから
僕が首脳なら、是非欲しい魅力的な駒でもありますよね。

とはいえ、今度の法案が通ったからと言って
日本が、早速戦争をする訳でも、徴兵制を敷く訳でもなく
どこかの国でクーデターや政変が起こった場合など
現行の法整備の元では、自衛隊機を飛ばして
法人の救出にすら行けない現状を打破することも重要。
(なんか、本来の説明がなされてない気がしますよね)

東西冷戦のバランスで維持されてきた極東平和の時代は終わりました。
力を付け、周囲に覇権を示し始めた近隣国家の中にあって
平和憲法が、絵に描いた餅であることは、誰の目にも明らかですが
それでも、現実から、目をそらし続けるつもりでしょうか?

僕たち有権者は、世界の現実を正しく見て
盲目的な「現状維持」にとどまることなく、この国の未来を考え
本来であれば、憲法を正しく改正して
自衛の為の軍隊は持つが、侵略のための戦争は永遠に放棄する
新しい「平和国家」の宣言を改めてすべきだと
僕などは考えるのですが、
マウントエレファントさんは、どうお考えでしょうか?

長文のコメント、失礼いたしました。

No title

癌ダム4Gさん
コメントありがとうございます。

反対派の方の意見も、それなりに一理あると思いますが、それぞれの国で軍隊をもつということは、建前のテロ対策というよりは、世界の覇権を争うために軍隊をもつ、いわゆる対中国などのために軍隊をもつという古い考え方だと思います。

それに対抗するためにアメリカから要請され、つまり日本も援軍に加われ、と要請されているのが現実なのではないでしょうか。

もしテロや一部のならずものの国に対して軍備を持つ必要があるというのなら、軍事競争など関係ないはずですから、世界平和をめざすという共通価値観のもと、まともな考えをもつ各国で、いわゆる世界警察のような共有の軍事装置をもつのが、よほど理屈に合っているのではないでしょうか。

そして、違反者は(たとえ超大国であるアメリカであっても)、公正な国際裁判で罰する。
それこそ身勝手な正義論ではじまる戦争を抑止する力になると思います。

偏った同盟による抑止力は、軍事力の大きさで勝敗を決める、誤った道に進むことになります。

よって、日本の果たすべき役割とは、軍事力の大きな国におもねることで維持される、そんな歪んだ平和バランスをとならくてすむような、真の世界平和に近づけるシステムの研究、提案をすることだと思います(要するに、違反者を取り締まる世界の警察、法律をつくり、それにより世界平和を実現させることです)。

世界を敵にまわすとなれば、不埒な輩も容易に喧嘩をしかけることはできなくなるはずですし、軍事費を大幅にへらせるとなれば、税金の無駄遣いも減るはずです(軍事費なんて馬鹿なことに浪費される財源が、社会保障費に回れば、貧困層も減り、治安もよくなるはずです)。

富国強兵なんて、明治時代の発想ですよ。
各国で軍隊をもつのが正しいというのなら、全国統一された江戸時代より、乱世の戦国時代のほうが平和だということになりませんか。

国際化で世界が狭くなった現在、むしろ各国で軍隊を持つ発想のほうが古臭いと思います。

槍や刀が武器という時代と違い、いまの兵器は容易に地球に甚大なダメージをあたえる力をもっています。
だからこそ、そういう最悪のケースが起きないような、スケールの大きな新しい平和維持装置をつくらなければならないと思います。

世の中から不埒者はなくなることはないでしょう。
それに対処するために、軍をもつことの必要性はボクも認めております(警察のいない社会には住みたくないですから)。

でも同盟関係による集団的自衛権の行使は、利害関係から、世界を二分する戦争に発展させる恐れがあることを思うと、やはり安倍さんの発想は浅はかだと思います。

平和を守るために軍が必要という発想と、集団的自衛権をつかえるようにするために軍が必要という発想の違いわかりますか。

集団とは何か、よく考えてください。

その集団の輪のなかには、世界のすべての国が含まれていますか?
いや、利害関係が一致する一部の国しか含まれていないでしょう。

そんな集団の正義を力づくで押し通そうとする暴力の片棒を担ぐことが、集団からはずれた国を守り、それが世界平和を導けるとは、とても思えません。

安倍さんはその論理がわかっていないから、筋の通らない答弁しかできず、説得では通せないから、強行採決をとらなくてはならなくなったはずです。

その欠陥を知ることこそ、現実をしっかり見るということではないでしょうか。

憲法を改正する程度で、世界平和を守れる状況ではないと思います。
もっと広く世界をみて、先見性に優れた提案をしましょう。


04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
371位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ