スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知将の散花

いよいよ大河ドラマ『真田丸』が始まりましたね。
二話が放送されましたが、すべて観ております。

脚本は、『古畑任三郎』『THE 有頂天ホテル』などを手がけた三谷幸喜さん。
喜劇が得意な方なので、所々にユーモラスなシーンが散りばめられ、とっつきやすい仕上がり。なかなか楽しめそうです。

で、主役の真田幸村さん。
戦国武将のなかでも、トップを争う人気がありますが、なぜこれほど多くの人を惹きつけるのでしょうか。

真田幸村さんのお父さんである昌幸さんが治めていたのは、信州の上田市周辺地域。非常に狭いエリアです。
対して、敵役となる徳川家康公は、ご存知の通り、その数倍広大なエリアを治める大武将であります。
要するに、徳川軍が大企業だとしたら、真田軍は吹けば飛ぶような中小企業のような存在。
普通に考えたら、勝ち目はありません。

なのに真田軍は、アッと驚くような知略を使って、上田城を襲う徳川軍を撃退してしまった。
痛快無比。これほど面白い戦はありません。

父親ゆずりの、圧倒的に不利な状況において怯まず戦う生き様は、最後の戦いとなった大阪冬の陣でも貫かれ、家康公に冷や汗をかかしたほど。
その見事な戦いぶりに、徳川方も幸村を天下一の武将であると認めざるを得なかったと言われています。

関ヶ原の戦いで、幸村のお兄さんの信幸は家康率いる東軍に、幸村とその父昌幸は石田三成率いる西軍に別れた真田ファミリー。
どう転ぶかわからぬ戦況で、真田家の血を絶やさないための知略を使ったと見る向きもあります。
でも、そうとばかりは言えなかったのではないでしょうか。

幸村が家康を嫌ったわけは、上田をまもる砦として取った上州の沼田という地域を、家康が真田家を無視して奪ってしまったことにあります。
なので家康に対する不快感は拭えず、負け戦必至の大阪冬の陣の前、兄信幸が幸村に、家康に頭を下げてこっちに来いと説得しても首を縦にはふりませんでした。

もし真田家の血を絶やさぬことが目的なら、血をつなげられる確率の高い道を選んだはずです。

そんな己の信念を曲げず、自分よりはるかに強い相手に立ち向かう生き様に、同じような境遇におかれる人たちは自分を重ねあわせ、共感するのではないでしょうか。

それにしてもわからないのは、幸村のとった行動。
これほどはじめから負け戦がわかった戦いはないのに、なぜそんな愚かな戦いを受けたのか…。
知略に長けた頭の良い人間のすることではない…。

その疑問が薄っすら晴れたのは、散歩をしている最中でした。
それは、もし自分が一人になって何も失うものがなくなったら、どのような生き方をしようかと考えを巡らせ、どうせなら自分の好きなことを思う存分やって散りたいと思った時です。

そこで、ハッと思いました。
関が原の戦いの敗北で紀伊国の九度山に流され、すべてを失い、虚しく終わろうとしていた、あの時の幸村も同じだったのではないかと…。

そんな空虚な隠遁ぐらしをしていた時、幸村は豊臣家に助けを求められ、再び宿敵家康と戦える立場を得られた。
兄信幸のとりなしで、生き延びる道もあったが、嫌なやつに頭をさげるチマチマした人生で終わるより、得意の知略を使って戦いぬき、一泡吹かせてやりたい。

そこに負け戦でも果敢に向かった理由があるのではないでしょうか。
そこが今度の『真田丸』で、どう描かれるか楽しみです。

真田丸+のコピー_convert_20160123054316
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

大企業に就職すると、一生喰うには困らないが、しょせん駒の一つでしかない。
ならば、中小企業で思う存分自分の持てる力を発揮してみたい…男の生き方ですね^^
敢て、大国「魏」の家臣である兄の誘いを断って、小国「蜀」の軍師になって活躍した諸葛孔明。
一山幾らの人物で埋もれるか?天下にその名を記すか?幸村は男の道を選んだんでしょうね。

No title

大河ドラマを実は見たことなかったのですが(;^_^A
堺雅人さん主演と!!
ミーハーな私は
大河デビューしました(*^_^*)
ハマってます!!

No title

sado joさん
コメントありがとうございます。

やはり男なら、小さくても自分の城で勝負をしてみたいですね。
憧れます。

No title

チロルさん
コメントありがとうございます。

堺雅人さんと三谷幸喜さんとなると、これは見るっきゃないですよね。
重たくなりがちな大河ですが、さすがは三谷さん。そこをうまく緩和して、とっつきやすい仕上がりになっております。
堺雅人さんをはじめ、それぞれの役者さんの持ち味を引き出せるかどうか。
大いに楽しみです。

こんにちは。

私もあまり大河ドラマを見ないほうだけど。
ちょっと興味が沸いてきましたよ。
観てみようかな^^

No title

三谷さんの大河は どうかなと 思いましたが、ユーモラスで 分かりやすく、観ていても疲れないところが良かったです。
これなら1年間観られそうです。(笑)

No title

そうですよね~
戦国の時代にいて、もし自分が彼なら
きっと同じことをしたかもしれません
生き延びるだけの妥協した生き方は嫌だなあ

三谷幸喜氏は時代劇のではまだ成功してないようですね。
あと間違えてマウントエレファントさんのコメントを消してしまいました。城咲仁の記事です。お手数ですがまた書き込んでくれませんか?すみません

No title

冷凍SANMAさん
コメントありがとうございます。

大河を見続けるのは、根気がいるものです。
フルマラソンのよう。それだけに全部見れば、心に残るでしょうね。

No title

おこちゃんさん
コメントありがとうございます。

三谷さん、新選組! に続いて二度目の大河ですね。
いい作品になること祈ります。

No title

ジェイジェイさん
コメントありがとうございます。

卑屈に生きるなんて、ちょっとつまらないですよね。
自分を殺さねば生きられる勤め人なので、そういう思いすること多々ありますが。

No title

マイベイさん
コメントありがとうございます。

清州会議はコケたようですね。
成功のための失敗であればと祈ります。

No title

こんにちは~♪
真田幸村が討ち死にしたのは大阪夏の陣ですよ。
真田三代は武田に仕官してから常に周辺から脅かされながら生き残りをかけて幕末まで大名家として存続した稀有な存在です。
信州の一豪族という非常に危うい存在だった真田家を生き残りをかけるには手段を選んでいられないというギリギリの選択を常に強いられ続けたことも多くの庶民を引きつけたのでしょうね。
真田家を存続させるために徳川と豊臣に分かれたことも信幸の妻が本田平八郎の娘だったことを考えれば十分あり得るでしょうね。

なお大坂冬の陣では真田幸村の助言に耳を貸さなかった淀殿が家康と和議を結んでしまったからで、幸村の助言どおり秀頼が大阪城の籠城兵を率いて場外に陣を敷いたら、参戦している豊臣恩顧の大名も動揺して徳川軍は勝てなかったでしょうね。

No title

自分は大企業に勤務していますが、正社員にはなりませんでした

なんとなくの感覚で、自分の近未来が見えて、それは自分の望まない未来だったからです

今のところに入る前は、正社員や名ばかり管理職をやっていただけに尚更でしたね

やはり自分も、やりたいことをやりきって散りたいと思っています

北斗の拳ではないですが、「我が人生、一片の悔いなし」という生き方をしたいですね

No title

まり姫 さん
コメントありがとうございます。

そうでしたっけ。
ウィキペディアによると、

慶長19年(1614年)に開戦した大坂冬の陣では、信繁(幸村)は当初からの大坂城籠城案に真っ向から反対し、先ずは京都市内を支配下に抑え、近江国瀬田(現在の滋賀県大津市。瀬田川の瀬田橋付近)まで積極的に討って出て徳川家康率いる軍勢を迎え撃つよう主張した。その作戦案に浪人衆は賛成を表明するが結局受け入れられずに終わる。
しかし大坂城への籠城策が決定すると、信繁は真っ先に豊臣秀吉が生前、築城の際に悩み込んだ大坂城の唯一の弱点であったとされる三の丸南側、玉造口外に真田丸と呼ばれる土作りの出城(三日月形)を築き、鉄砲隊を用いて、先鋒隊に打撃を与えた。徳川勢は撤退に至った。

この戦闘で真田信繁は、初めてその武名を天下に知らしめることとなる(真田丸の戦い)。

となっております。

No title

blackoutさん
コメントありがとうございます。

全く同感です。
たった一度の人生、思うように生きたいですね。

こんばんわ

戦国時代の歴史をほぼ忘れてしまったのに大河ドラマ観ている私ですヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ

ちょっとは勉強して知識を頭の中に入れておいた方がいいかもしれないですね(;◔ิд◔ิ)知らない登場人物がたくさん出てきてこんがらがりそう(汗)

でも堺雅人さんと三谷幸喜さん、相性が良い感じです(◍'౪`◍)♡

No title

ああっ、脚本三谷幸喜さんでしたか!
しまった、今は大河見るパワーないと思ってチェックしてなかった……!!
うおお―見ようかな、どうしよう……。

No title

こんばんは。お邪魔します。
今年1年間 三谷さんワールドで堺雅人さんがどんな雪村さんを演じられるのか・・楽しみです(#^^#)

おはようございま~す♫

真田丸 三谷幸喜さんが脚本なんですねw(°o°;)w
面白いですよねぇww(。・・。)(。. .。)
今回の大河は視聴率もいいみたいですね(ゝω・)

No title

PHiRo♪ さん
コメントありがとうございます。

歴史の勉強にもなりますよね。
楽しみです。

No title

椿さん
コメントありがとうございます。

今からでも間に合います。
御覧ください。

No title

おきまちあきさん
コメントありがとうございます。

なかなか楽しそうですね。
どんな色になっていくのか楽しみです。

No title

アバンポップさん
コメントありがとうございます。

順調なスタートのようですね。
さらに盛り上がってくれればいいですね。

残すものは血だけとは限らない

 真田家には二つの宝が有ります。松代藩十万石と、石高に見合わぬ名声です。兄は家を残し、弟は名を残した。うちは小藩だけど、あれほどの武将の血筋なんだぞって胸を張って言えるのは体面を重んじた武士にとっては意外に大きいし、信繁も兄が家を残してくれたからこそ好き勝手が出来たともいえるのではないでしょうか。もっとも、この名声を他の武将が捨て置くはずもなく、その子は伊達家の重臣の家臣になっていますし、娘も同家の嫁になって命脈を保っていたりしますね。
 別の側面もあります。みもふたも無い言い方ですが、敵が偉大であればあるほど勝った方の存在も大きくなる。倒した相手を持ち上げる事で自分の大きさを誇示するのは、現代社会でも良くある事で。

No title

miss.keyさん
コメントありがとうございます。

大河で主役扱いになるほどの名前を残せましたからね。
血をつなぐに負けないことを成し遂げたと思います。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。