スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池波正太郎が愛した名店が朝ドラに

いよいよ、新しいNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』が始まりましたね。
大好評だった『あまちゃん』からバトンタッチを受け、かなりやりにくいでしょうが、ボクはけっこう楽しみにしています。

というのも、このドラマの舞台となるお店のモデルが、池波正太郎の愛した洋食屋「たいめいけん」だそうだからです。
ボクは大の池波正太郎ファンで、とくに食に関して描かれたエッセイを愛読しています。

その中の、一冊『むかしの味』(新潮文庫)に、「たいめいけん」が紹介されています。

池波氏によれば、「〔たいめいけん〕の洋食には、よき時代の東京の、ゆたかな時代が温存されている」とのこと。そして、そのゆたかさとは、「よき時代の東京」に住んでいた江戸っ子の、心のゆたかさだそうです。

ここでは書かれていませんが、池波氏の指す「よき時代の東京」とは、戦前の、とくに池波氏が子どもの頃の東京ではないかと思われます。

なぜなら、池波氏はエッセイの所々で、戦前の東京をしきりに懐かしがっていますし、ここでも「たいめいけん」の洋食(ポークソテーにカレーライスだったそうですが)を初めて食べたのは、小学校を出て、すぐに株式仲買店の店員になったころだと振り返っているからです。

池波氏が「たいめいけん」に通う理由は、「むかしの味」に出会えるからだそうですが、そのほかに料理のつけ合わせの野菜すらも「御座なり」にしない心意気に惚れているからだとも述べています。つまり、小さなことにも手間を惜しまない真摯な姿勢に敬意を抱いているということでしょうね。

ただし、そう評しているのは初代の店主に対して。
その後は長男が継いだそうですが、同書の中で池波氏は、その跡継ぎが「お前は、今より二倍はたらけ」という先代の遺言を守っているとは思えないと苦言を呈しています。

果たして、『ごちそうさん』で、そのご本人がどう描かれているか、とても楽しみです。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。