スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雀蜂との死闘を描いたホラー小説

皆さんの中で、蜂に刺された経験のある方っていますか?

ボクは、小学生の頃、ミツバチに刺された経験があります。
ミツバチ程度なので、大事にならずに済みましたが、けっこう痛かったのを覚えています。

でも、雀蜂に刺されたとなると、そういうわけにはいきません。

話によると、蜂は最初に刺されたときより、二度目に刺されたときのほうが、はるかに危険なんだとか。
その理由は、毒の作用より、それにより引き起こされるアレルギー反応に問題があるからなんだそうです。
つまり、最初に刺されたとき体内でつくられた抗ハチ毒抗体と、二度目に刺されたときのハチ毒が、一度目より強いアレルギー反応を引き起こすということなんだそうです。
仕組みは花粉症と同じなんだそうですが、蜂の場合はアナフィラキシーショックというショック症状が起こり、手当てが遅れると、死に至るケースもあるそうなんです。

いやぁ、怖いですね。

この恐怖を題材にした、怖い小説を昨日買いました。
タイトル名は『雀蜂』(角川ホラー文庫)。作者は、映画化もされた『悪の教典』の著者、貴志祐介さんです。

舞台の設定は、11月下旬の孤立した山荘。外は猛吹雪で外出できるような状態ではなく、通信機器も使えず、助けも呼ぶこともできない。
そんな八方ふさがりの状況下で、以前雀蜂に刺された経験のある男性が、たった一人で雀蜂の大群と壮絶な死闘を繰り広げるというものです。

ちょっと読んでみたんですが、すぐに物語の中に引き込まれ、面白いのなんの。
さすがは、ホラー小説の傑作『黒い家』の著者、貴志さんです。
今晩ベッドの中で、ページをめくるのが楽しみです。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

貴志先生は、なんか縁がないんですよねえ……。

前々から気にはなっているのですが、どうも御縁がないというか。

うーむ。

おもしろいですよ

ポール・ブリッツさんへ

10年ほど前に、「黒い家」を読んでからファンになり、一時期けっこう読みました。
それからあまり読んでいなかったのですが、書評で気になり、久しぶりに手にした次第です。
面白いですよ。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。