スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川の人

ボクは、河原のウォーキングコースの散歩を日課にしている。
5年ほど前、護岸工事のついでに雑草だらけの土手が整備され、ウォーキングに最適な道路がつくられたからだ。

今日も春の陽気に誘われ、いつもの午前10時に散歩にでかけた。
坂道をあがり、河原のウォーキングコースを見下ろすと、ボクのように散歩を目的にここに訪れている人の姿が5人ほどいる。

彼らも同じ時刻に散歩にでかけるのを習慣にしているらしく、同じ顔ぶれだ。

といっても、すれ違っても会釈をするぐらいで、親しく会話をすることはない。
誰も彼も、立ち話で時間をつぶすよりも、健康増進のためにウォーキングに集中しているようだからだ。

そのなかで、それを目的にしていないような人物が一人だけいる。
初老の男性で、いつもウォーキングコースの途中に置かれた椅子に腰掛け、瞑想をするように姿勢を伸ばし静かに川を見つめているのだ。

それも、けっこうな時間だ。
ウォーキングコースを折り返せば1時間程度かかるのだが、それでもまだ彫刻のように姿勢を崩さずそこにいる。

彼はウォーキング目的でなく、なぜ毎日ここにきて、こんなことをしているのか。
気になって、今日思い切って話しかけてみた。

「春になって、川の景色を眺めるのも気持ちがいいですね」
彼の隣に腰をおろし、ボクがそう声をかけると、彼は笑顔でこちらを向き、こう答えた。
「私は川を眺めているのではありません」

「えっ!」とボクは驚き、聞き返した。「では何を眺めているのです」

「海です」
彼は川に視線を戻して言った。

「海?」
ボクはさらに驚いた。

「そうです」と彼は笑顔で頷いた。「私の故郷は海岸端にありましてね。故郷が恋しくなる度にここに来て、この川を海だと想像し、心を癒やしているんです」

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。