スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまには不満も

世の中いろいろあって、不満がたまる毎日を送られている方も多いのではないでしょうか。
政治にしろ、会社にしろ、ボクも不満を少なからず抱えています。

一般的に、不満を言うことは、あまりよろしいことではないと、受け取られています。

確かに、不満を漏らす方はストレスの発散になるでしょうが、聞かされる方はたまったものではありません。

ところが、歌人・斎藤茂吉の長男で精神科医である故・斉藤茂太氏は、著書『そんなに自分を叱りなさんな 心のモヤモヤ退治法89』(集英社文庫)でこんなことを言っています。

「『マイナス思考はいけない』というマイナス思考」という章で、プラス思考の人とつきあうと、疲れてしまうと書いています。
なぜなら、ポジティブ・シンキングの人の前で、うっかりマイナスなことを言ってしまうと、そういう考え方はいけないと注意されるからです。
具体的な例をあげれば、結婚式で忌み言葉を使ってはならない緊張感を強いられるようなものでしょうか。
そんな緊張感を強いられる会話なんて、ちっとも楽しくなく、かえってマイナスになってしまうと指摘しています。

そういえば、勝海舟も「不平不満も世の中を進歩させる一助」(『勝海舟の人生訓』童門冬二・永岡書店)だと言っています。
詳しく引用すると、「世の中に不足というものや、不平というものが始終絶えぬのは、いちがいに悪くもないよ。定見深睡ということわざがある。これは西洋の翻訳語だが、人間は、とかく今日の是は明日の非、明日の非は明後日の是というふうに、一時も休まず進歩すべきものだ。いやしくも、これでたくさんだという考えでも起こったら、それはいわゆる深睡で、進歩ということはたちまちとどまると戒めたのだ。実にこの通りで、世の中は平穏無事ばかりではいけない、少しは不平とか不正とか騒ぐもののある方がいいよ。これも世間進歩の一助だ」と語っています。

考えてみれば、明治維新の立役者の勝海舟や坂本龍馬、西郷隆盛なども、当時の体制に不満をもっていたから、あのような偉業を成し遂げることができたのです。

不満を言われることが誰にとって不都合だから、そんなことは言ってはいけないとされているのか、しっかり見定めることが重要なのかもしれませんね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。