スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷彩服の少年の夢

とある小学校の卒業文集が仕上がった。
卒業文集のテーマは、「将来の夢」だ。

6年1組の担任新米太郎は、卒業文集を教え子のひとりひとりに手渡しながら、それに愛情のこもった言葉を添える。
初めての受け持ったクラスなので、どの子にも我が子のような愛情を感じてしまうのだ。
まだ独身なので、余計にそういう気持ちを抱いてしまうのかもしれない。

しかし、埋没正一については、なぜか他の子にくらべて、あまり愛情を感じられなかった。
彼が新米太郎に反抗的な態度をとったとか、手に余る問題児であったというわけではない。

埋没正一の見た目はきわめて平凡。どこにでもいる印象の薄い顔立ちだ。
性格は、きわめておとなしい。
そのせいか、いるかいないか忘れてしまうようなタイプの児童である。

要するに、印象が薄いのだ。
だから、他の児童に比べて愛情が薄まってしまっているのかもしれない。

しかし新米太郎は、埋没正一の「将来の夢」を読んだとき、妙な引っかかりを覚えた。

埋没正一の将来の夢は、大勢が同じ仕事をしている工場のラインで働くことであった。

このような夢を書いた生徒は、誰もいない。全国的に見ても、珍しいだろう。
あまりに夢がないというか、それでいて具体的すぎるというか…。
まぁ、目立つことを嫌う埋没正一には、これ以上の適職はないのかもしれない。

新米太郎は、埋没正一に卒業文集を渡すとき、どのような言葉をかけていいのか迷った。
まさか、なんでこんな夢を抱いているのかとも聞けない。
それは、職業差別であり、彼を傷つけることになるかもしれないからだ。

しかし埋没正一とて、新米太郎にとっては、大切な教え子のひとりだ。
埋没正一の将来を心配する気持ちは抑えがたい。

新米太郎は質問の仕方をかえて、埋没正一がその夢を抱いた理由を聞き出そうとした。

そこで新米太郎が目をつけたのは、埋没正一のファッションだった。
埋没正一は、なぜかいつも迷彩色の服を好んで着ている。
平凡な埋没正一が、唯一他人と違っているのは、その点だ。

新米太郎は、埋没正一が迷彩色の服を好んで着続けている理由も知りたくて、こんな質問をした。
「君は工場で働きたいのか。先生は、君は自衛隊に入りたいのかと思っていたぞ」

「なんでですか?」
埋没正一は、蝋人形のように表情のない顔を横に傾ける。

「だって、いつも迷彩色の服を着ているから」

「ああ、これですか…」埋没正一は、迷彩色のトレーナーをつまんで答える。「もう卒業するので本当のことを言いますが、この服を着ている理由は、目立ちたくなかったからです。だって目立たなければ、授業で先生に当てられることもないでしょ」

確かに、新米太郎は、あまり埋没正一を当てた記憶がない。

次へ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

このテーマをここで切るのは惜しい、と思いました。50枚くらいの密度の濃い短編にして、ふたりの対話劇にするとすごい作品になるんじゃないかな。

長編の書き出しかも、と思えましたし。

しばらく寝かせておいて、アルパカ星が一段落したら、思いきり力を入れて書いてみるといいかもしれません。

No title

ポール・ブリッツさん

コメントありがとうございます。
50枚ぐらいの、短編にむいた作品だとは思ってもみませんでした。
作業着が汚れていると同僚に指摘され、これは汚れているんじゃなくって迷彩服なんだよとバカな冗談で返して、思いついた話です。
どうもオチが中途半端で、ショートショートも難しいものですね。

No title

だって、少年がどうして学校で迷彩服を着るまでになったかを考えるだけでいろいろドラマができるじゃないですか!

少年の心にあるのが、単に孤独が好き、なのか、どうしようもない非人間的なまでの虚無、なのかを探るだけでも濃厚な人間ドラマができそうですし。

少年により、教師のこれまで考えていた世界が崩壊するさまを描いたら重い観念小説になりそうですし。

ここで終わらせたらもったいないです。迷彩服を着て学校に通う少年、というだけで、つかみはバッチリです。うまく書けば、ものすごい傑作になるんじゃないかと思います。

No title

ポール・ブリッツさん

そういう展開のふくらませ方もあるとは思ってもみませんでした。
さすがにポール・ブリッツさんです。
第二話も考えてみますか。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。