スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第七十五話 記憶にない依頼

★初めての方はこちらから★

リーフのボランティア介護で来たブラウンが帰った翌朝の朝食時、そよ風はケンシロウの今後のことについて家族会議を開くことにしました。

そよ風はテーブルにみんなが揃うと言いました。
「朝食を食べながらでいいから、ちょっと話を聞いてもらいたい」

「何かしら、そんな畏まった口調で。重要な話?」
ミントは、みんなのコップにミルクを注ぎながら訊きます。

「うん」そよ風は頷いて、ケンシロウのほうを見ます。「ケンシロウさんのことについて、ちょっと重要な話があるんだ」

「手短に済ませてね」アルトは、忙しそうにパンを頬張りながら言います。「ワタシ、音楽会にむけて朝練があるんだから」

「わかった、わかった」そよ風は口調を和らげて答えます。「食べながらでいいから聞いとくれ」

「で、なんじゃ、話って」リーフは、老人とは思えぬ食べっぷりを披露しながら言います。「ワシも、二度寝にむけて忙しんじゃ。手短に済ませとくれ」

「はい、はい。わかりました」そよ風は苦笑して答えます。「お父さんも御存知の通り、昨晩、ブラウンさんにケンシロウさんの着ぐるみをつくってもらうことになりました」

「着ぐるみ? こやつの?」リーフは首を捻り、ケンシロウを見ます。「そんなことあったかのう。オマエ夢でも見とったんじゃないのか?」

「エッ、覚えていないんですか? お父さん」
そよ風は、リーフのボケっぷりに呆れた表情を浮かべます。

「あったのよ。お爺さん」
マリーが、そよ風の弁護に入ります。

「本当か?」リーフは、それでも信じられないといった表情を崩しません。そして、その不信に満ちた面持ちをケンシロウに向けます。「おぬし、それは事実か?」

「ええ」ケンシロウは呆れて物が言えないといった感じで、ため息混じりに返答します。「危うく、アナタのヤンキー時代の着ぐるみの発注されそうになりました」

第七十五話+のコピー_convert_20140707032018


前へ

次へ

★あらすじ★
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。