スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うそつき小僧

はぁ〜と、若い母親は深い溜息をついた。

5歳になる息子が、うそばかりついて困っているのである。
何度叱っても、この悪癖はなおらないのだ。

いや、そもそも彼はなおす気がないのかもしれない。
きつく叱ると、面白い顔をしてこちらを笑わせ、その場をごまかそうとするのだ。
この子は将来どんな大人になるのかと思うと、心配で夜も眠れない。

夫に頼んで叱ってもらっても効果がないので、もう思いつく手立てはない。
「探偵!ナイトスクープ」にはがきを書いて、助けを求めるしかないのかと思うほど、母親は追い詰められていた。

その時、ママ友からいい話を聞いた。
「うそつき小僧」という石像を置いてある寺があって、その寺の住職に説教をしてもらえば、どんな天邪鬼でも改心するというのだ。

さっそく母親は息子をつれてその寺に向かった。
寺は、川沿いの古い民家が立ち並ぶ暗い林の中にあった。

門の先には、塗装の剥げた大きな仁王様が鎮座しており、それだけで母親は軽い恐怖心を抱いた。

大人の自分でさえそうなのだから、幼い子供はさぞかし震えあがっているだろうと思い、息子を見下ろすと、なんと、平気な顔で鼻くそをほじくっている。
これは余程の大物か、相当な悪党か、母親はものすごい形相で睨む仁王様よりも、我が子を恐ろしく思った。

事前に電話でお説教の依頼をしておいたので、母親は住職に言われたとおり、寺院に隣接された家屋の呼び鈴を押した。
住職はすぐに、玄関の引き戸をあけて出てきた。

60代くらいの恰幅のよい住職だ。
さっそく演出をしているのか、住職は無愛想な表情を息子に向けた。

「この子かね、うそつき小僧は」と住職は母親に訊く。

「そうです」と言って、母親は手を引く息子を前に出す。「今日はよろしくお願いします」

「うむ」住職は頷くと、息子の頭をポンとたたいて歩き始めた。「ワシの後についてきなさい」

彼岸花の咲き誇る小道を歩いて行くと、その先に気味の悪い石仏があった。

「これがうそつき小僧じゃ」と住職は言った。

石仏+のコピー_convert_20140712173757

「いやだ、気味悪い」
最初に悲鳴をあげたのは、母親の方であった。

息子もさすがに恐怖心を抱いたのか、きつく手を握り、母親の後ろに隠れる。

「これは、嘘をついて仁王様から石にされた子供じゃ」と住職は説教を始めた。「それは昔々の話じゃ。このあたりが今よりも深い林にあった頃のこと。この村に、この子のような、とんでもないうそつきの子供がおった」

「ボクみたいな…」
息子は母親の背後から顔だけつきだし住職にきく。

「おお、そうじゃよ」と住職は恐い形相をして答える。「その子は、貞雄という名前じゃった」

「貞雄…、貞子みたいな名前」
母親を握る息子の手は汗ばむ。
いいぞ、いいぞ、と母親はほくそ笑んだ。

「貞雄は、村でも有名な天邪鬼でのう。どんなに懲らしめても、村人を困らすうそばかりついておった。そこで村人は、この寺の住職に助けを求めたのじゃ」

「その住職って、和尚さんのこと?」と息子は恐恐住職を指さす。

「いいや、ワシの先祖じゃよ。何代も前のな」と住職は答え、話を続ける。「で、住職はお灸をすえようと、貞雄を寺の柱に縄で結びつけたんじゃ。ここで一晩、懲らしめれば、さすがの悪ガキも改心すると思ったのじゃろうなぁ」

「それは、大人でさえ恐いでしょうねぇ」
母親は高い杉のせいで陰った寺院の柱に目をやって言う。

「うむ。昼間でさえ、この有り様じゃからのう」と住職は白髪の顎鬚を撫でながら言う。「それでじゃ、みんなが寝静まった丑三つ時。天候が急変して、この辺りは豪雨に見舞われたのじゃ。それで、たちまちのうちに、川が氾濫して、この村は浸水した。村人は自分の身を守るのに精一杯で、住職すらも、寺の柱に結びつけておいた貞雄のことを忘れとった。明け方、そのことを思い出し、寺に帰ってみると、貞雄はこのような石になっておったというわけじゃ」

「こわ〜い」
息子は母親の腰に両手をまわして泣き声をあげた。

母親は効果があったと安堵しながらも、このつくり話に身の毛がよだった。

「だから、うそをつくと仁王様に石にされるぞ」
住職はトドメの一言を息子に投げた。

しかし息子は悲鳴をあげながらも、住職に言葉を投げ返した。
「じゃぁ、和尚さんだって石にされるね。だって、人間が石になるわけないもん。今の話、全部うそでしょ」
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。