スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第八十九話 ローズを語る不審者

★初めての方はこちらから★

留守宅に見知らぬ者がいることにブラウンは動転して、再びその不審者に、「誰だお前は」と尋ねました。

すると、不審者はゆっくりと振り返りました。
不審者はメスのラマ星人でした。

第八十九話+のコピー_convert_20140802072102


しかし不審者というにはあまりに間抜けた顔なので、ブラウンもケンシロウも警戒心が解かれたように、ポカンと口を開けています。

「お父さん」
不審者は出っ歯の口を開けて言いました。

「お父さん?」ブラウンは、さらにあんぐりと大きく口を開きます。「ワタシにはローズという娘しかいないぞ。お前なんて知らん」

「知らないはずがないわよ、ワタシがローズなんだから」

「馬鹿を言うな!」ブラウンは大きな声を不審者にぶつけます。「ローズは、そんな…、言っては悪いが、そんなブサイクではない」

「そうだ!」ローズを名乗る不審者の馬鹿な発言に、ケンシロウも黙っていられなくなりました。「ローズさんは、そんなブスじゃないぞ!」

すると、不審者はニッコリと笑って言いました。
「そう言ってもらうと、うれしいわ。ケンシロウさん」

「な、なんでオレの名前を…」
ケンシロウは驚愕のあまり、開いた口が塞がりませんでした。

そよ風家とブラウン家、そしてケンシロウを監視しているギース以外、ケンシロウの名を知っている者がいないからです。
その上、ケンシロウは着ぐるみを着て、素顔を隠しているのです。
これを見て、ケンシロウだとわかるのは、そよ風とブラウン、そして…。

「だからワタシがローズだといっているでしょ」
不審者は前歯をニョキリとむき出しにして笑うと、後頭部に両手を回しました。

前へ

次へ

★あらすじ★
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

ローズさ……ん??

不細工と言うか……コワイ(笑)

まさか、変装用マスク? どうしたローズさん(?)

次回もお待ちしております。

No title

椿 さん
コメントありがとうございます。

怖い顔ですよね。
ローズも人騒がせです。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。