スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正義の味方

ボクは先生に失望した。

弱者の立場にたってものを考えることの重要さを説く先生が、今回クラスでおきたいじめで、いじめっ子の肩をもつようなことを言いはじめたからだ。

いじめっ子の名前は、カネダツヨシという。
いじめられっ子のほうは、コヤマヨシオという名前だ。

ツヨシはうちの小学校の五年生のなかで、もっとも体が大きい。
スポーツも得意で、腕相撲では誰もかなうものはいない。
きっと、小学六年生のなかでもツヨシに勝てるものはいないだろう。

そんなヤツがクラスでいちばんチビのヨシオをつきとばしたのだ。
ヨシオは尻もちをついたときに、おしりのポケットにいれていたゲーム機を壊してしまったのだ。
そのゲーム機は昨日の誕生日に買ってもらったものだったそうで、ヨシオは教室の外まで聞こえるような声で泣きわめいた。

それで大騒ぎになって先生が仲裁に入ると、ツヨシはお相子だという。
聞けば、ヨシオはツヨシがなくしてさがしていたものを川に捨てたそうだ。
それをツヨシの子分に目撃され、ツヨシの耳にはいったらしい。

しかしヨシオが捨てたものは、ちっちゃなクマのぬいぐるみのついたキーホルダーだ。
それも汚れていて、とても新品のゲーム機とつり合うものではない。
それをお相子だなんて言いはるのは、どう考えてもおかしいと思った。

それにツヨシの家は金持ちだ。
いくらでもそんな安っぽいぬいぐるみを買えるだろう。
なのに、どうしてそんなものにこだわるのか。

先生はまずヨシオを別室につれていき話を聞いた後、ツヨシを別室に呼んだ。
そして別室からもどってきたら、ツヨシに同情することを言いはじめたのである。
きっと、ツヨシのおとうさんが、この小学校のPTA会長をつとめているから、ツヨシの味方をしているに違いないと僕らは思った。

先生らしくないと思って、僕らはみんなで勇気をふるって、猛抗議をした。
すると、先生はツヨシも悪いが、その事情もきいてやってほしいと言った。

「ツヨシ、あのぬいぐるみがなんであんなに大切だったんだ?」
先生はツヨシの背中にやさしく手をそえてきいた。

「誕生日にもらったものだからです」
ツヨシは、唇をかんで答えた。
鼻水をすする音が聞こえ、必死に涙をこらえているようだ。

「そうか」先生はなだめるようにツヨシの背中をさすりながら質問をつづける。「で、そのぬいぐるみは誰からもらったんだ」

「妹です」
うつむくツヨシの目から、涙がこぼれた。
はじめてみるツヨシの泣き顔に、僕らは声をうしなう。

「で、その妹はいまどこにいるんだ」

「天国です」
ツヨシは袖で涙をふきながら答えた。

僕らは、ツヨシのうしなったぬいぐるみが、最新のゲーム機をうわまわる価値があることを知った。

先生は、静まりかえる僕らに語りかけた。
「いいか、弱者の立場にたたなければならない理由は、弱者の味方ばかりをするからじゃないぞ。強者にくらべ、弱者が言いたいことを言えない立場にあるからなんだ。だから弱者の声をよく聞いて、ただしい情報をひきださなければならない。でないと、公平な審判ができないからな。わかったか」

僕らがうなずくと、先生は教壇にヨシオを呼んで、ツヨシと握手させた。

「ごめんよ」
ツヨシは涙声であやまる。

「ボクこそ、ゴメン」
ヨシオは頭をさげ、ゲーム機のはいっていたおしりのポケットからハンカチをだして、ツヨシにわたした。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

朝から泣きました(ToT)

ヤバい、ツヨシくんに思い入れし過ぎて感想書けない(笑)

まとめようと思うだけで涙が;; (←泣きすぎ; 泣きやすいんです

表面から見ただけじゃ、見えないことってありますよね。

No title

椿さん
コメントありがとうございます。

ワンパク坊主にも深い悲しみがあるのかもしれません。
表面だけで、善悪を決めてはいけませんね。

いや、これはその事情をヨシオに話すこともなくいきなり暴力に訴えたツヨシが悪いだろう。ヨシオがキーホルダーを捨てたのも、ツヨシの探していたものだったと知らなかった可能性のほうが高いし、そもそもツヨシの子分がそれを見ていてツヨシに報告するだけで、止めるとかやめろと叫ぶとかヨシオに事情を説明するとかいった他の行動をなにもしなかったというのは、どう考えても両者に対する悪意を感じる。

そう思ってしまうわたしはやはりバイアスがかかってものを見ているのだろうか。うむむ。

No title

ポール・ブリッツさん
コメントありがとうございます。

だからツヨシもいけないと先生は言っています。
ツヨシのもっていたクマのキーホルダーはツヨシには似合わないかわいらしいものであったので、ツヨシの所有物であることをクラスのみんなが認知するには十分なアクセサリーだと思ったのですが。
ここで伝えたかったのは、そういうことよりも、弱いものの立場にたたなければならない意味を考えてみたかったからです。
それを際立出せる内容に書けなかった未熟さを痛感しました。
スミマセン。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。