スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強運な患者

「それにしても、あの患者さん。運がいいわね」
二十代前半の看護婦が、同期の看護婦に話しかける。

「ホント、こんな奇跡が重なることはないわ」
同期の看護婦は大きく頷く。

この若い看護婦ふたりは、たったいま交通事故で搬送された重症患者を手術室に運び終えたのである。

その患者が見舞われた交通事故は悲惨なものであった。

彼の運転していた車が、高速道でエンジンの異常で急停車した車と、ブレーキが間に合わなかった後続車の間にサンドイッチにされたのだ。

車は蛇腹のようにぺしゃんこになったが、彼の乗っていた車がオープンカーであったため、車外に逃れることができたのである。
シートベルトしていないという違反行為をしていたが、それも彼を救う助けになったのだから、よほど悪運が強いというしかない。

しかし高速での事故なので、軽い怪我では済まなかった。
アスファルトに叩きつけられたので、四本の手足はすべて骨折。
腰の骨も折った。

しかし運良く、頭と内臓は損傷を負わなかった。
それが彼の生命をつないだ。

だが、重症は重症である。
出血がひどく、一刻を争う事態にかわりはない。

電話をかけて救助を呼んでも、すぐに救急車が駆けつけられるわけではない。
ところが、熱中症の患者を運んでいる途中の救急車がその事故現場を通りかかったのだ。

それで彼は緊急処置をほどこされ、救命救急センターへ搬送されたのである。
しかも運の良いことに、全国に引っ張りだこで、不在がちなスーパードクターがちょうどそこにいて、その患者は彼の手術を受けられることになったのだ。

「こういう強運な人っているのね」
若い看護婦ふたりは、めったにいない、ついている患者の話題に盛り上がった。

と、その時だった。
患者を運んだばかりの手術室からバタバタとした音が聞こえてきたのである。

何かと思って振り返ると、オペに付き添っている看護婦が慌てた様子で飛び出してきた。

「どうしたの」
彼女も同期なので、二人は声をかける。

「失敗したのよ、手術」
青ざめた表情で、その看護婦は答える。

「まさか、あの失敗しませんで有名なスーパードクターが…」
二人は信じられなかった。

「それがね」と、オペに付き添った看護婦は息を切らして答える。「メスをにぎったとたん、あのスーパードクター大きなくしゃみをしてしまったの。それで重要な血管を切ってしまって、オペ室は血の噴水。急いで輸血用製剤をかき集めなければ、あの患者助からないわ。ホント、凶運な患者よ」
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

ハリーの災難か

今回の短編は、昔見た映画「ハリーの災難」を思い出させますね。

一難去って、また一難。

面白い結末でした。

No title

ささげくんさん
コメントありがとうございます。

スーパードクターも人間です。失敗もあります。
でも実際に、そういう災難ってあるんですかね。

No title

「わたし、失敗しませんから・・・・へえっくしょい!!!(ザクッ)」
というわけですね。
まるで漫画ではありませんか。
”運”というやつはどこまでもどこまでも、わからないものですね。

No title

強運と凶運は隣り合わせ。

宝くじに高額当選した人が、「当たりやすく」なっていたのか交通事故にも遭った、という話を聞いたことがあります。

とりあえず、手術室の患者さん、助かりますように(^_^.)

No title

まあ、事故にあうこと自体、不運ですよね!www。

No title

makakaratenさん
コメントありがとうございます。

待望のドクターXも始まります。
最後はくしゃみで失敗するという話になりませんかね。

No title

椿さん
コメントありがとうございます。

幸運と不運は等価なのかもしれません。
スーパードクターのその後も心配です。

No title

ビリキナータさん
コメントありがとうございます。

もらい事故ですからね、不運です。
そして手術ミスによる悲劇…。
まさに凶運の患者さんでした。

No title

いつも、想像を膨らませてよんでいます。
細かい描写があるのでリアルにその情景がでてきます。
過去記事のストーリーも目をつぶればその場面が浮かび上がってきます。
リンクはらせていただきました。事後報告ですみません。

こんにちわ^^

怖いですね~><
これはホラーですか?
亡霊が出てくるより、恐ろしかった(笑)

No title

てのりぱんださん
コメントありがとうございます。

楽しんでいただき、ブログをやっている甲斐があります。
プロではないので、緻密な計算ができていなく、ツッコミどころ満載かと思いますが、末永くよろしくお願いします。

No title

sado joさん
コメントありがとうございます。

スーパードクターの視点で書こうと思いましたが、専門的知識長いので、看護婦の視点でかきました。
ホラーでもいけますかね。

No title

名医といえば、昔マンガのつまらないようなことを真剣に数えてデータ化した本がベストセラーになっていましたが、ブラックジャック先生、手術の成功率は九割に届いていないそうですな。たしか89パーセントくらいだったとか……。


スーパードクターK先生についてはよく知りません。そういやあ当時連載中のジャンプのマンガのそっくりさんが登場した時にはみんなで大笑いしたことを覚えています。

No title

こんばんは~!
スーパードクターにカトちゃんの生き霊が憑依したでしょうか^^

人の運なんて最後まで分からないものなんですねぇ…
凶運と強運!
実話だと笑えませんが、思わずニヤリとしてしいました^_^;

リンクをありがとうございます。
m(_ _)m

No title

ポール・ブリッツさん
コメントありがとうございます。

同じスーパーでも、スーパーマーケットのように、なんでもあるスーパーもあるのです。
そっちのスーパーだったりして。

No title

かっぱのしんちゃんさん
コメントありがとうございます。

へ〜へ〜、ヘックション。
あっ、いけね、失敗しちゃった。
ハゲヅラのお医者さんだったのかもしれません。

No title

YASU さん
コメントありがとうございます。

強運と凶運は読みは同じでも、その差は大きい。
でも、どっちが起きてもおかしくない。」
そこが恐いところですよね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

強運とはなんぞや

 こまあ、本当に強運なら事故にすらあいませんから。(-人-)なむー。

No title

miss.keyさん
コメントありがとうございます。

強運でなくても、めったにこんな大事故に遭うことはないでしょうね(笑)
不運なのは、スーパードクターかもしれません。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。