スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成果の陰

成果のかげ+のコピー_convert_20141213170729

いよいよ衆院選が始まりました。
自公連立の圧勝に終わる確率が高いですが、当たり前に続くと思っていた平和について考えさせられたいい時間をもらったと思っております。

子どもの頃、ボクは日本が再び愚かな戦争など起こすわけがないと思っていました。
頭が良く、良識にもすぐれた大人たちが日本という国を運営していると思っていたからです。
また、普通の大人も、そんな馬鹿なことが起きそうになったら黙ってはいないと確信しておりました。

ところが、隣国との関係が悪化すると、売られたけんかは買わねばならぬとばかりに、力こぶをみせて相手を威嚇するという手法で国を守ろうという大人げない主張がはびこるようになりました。
そして頭に血が上った世論に乗って、あれやこれやという間に、平和憲法が改正されていくという流れになってしまったのです。

憲法改正の理屈に、アメリカから押しつけられたものであるからいけないという考えがあります。
確かに、アメリカは日本の牙を抜くために、軍隊をもたせないという憲法を押しつけました。
そしてそれには、現実にそぐわない側面もあることは確かです。

しかしアメリカに押しつけられなかったら、つまり日本人が自ら進んで憲法をつくったとしたら、世界に誇る平和憲法などをつくったでしょうか。

きっと、他国に右にならえという、いえ、大国の脅威に怯える小国の劣等感故に、他国よりも軍事色の強い憲法をつくっていたに違いありません。
そして軍事費に財政が圧迫され、現在のような繁栄は築けなかっただろうと思います。

宿題でも仕事でも押しつけられるから、やらざるをえなくなり、それが主体性に任されたよりも、いい結果をもたらすことはよくあることです。
この点から見ても、押しつけられたからいけないとは、一概に言えないのではないでしょうか。

問題なのは、今行われようという改正が、平和憲法の進歩ではなく、悪しき前憲法への逆戻りになりつつあるということです。
その点を整理しないで、憲法改正をすべきかどうかと二者択一の質問を迫るズルさにのせられてはいけません。

こういう大きな問題は、もっと時間をかけて国民の知恵も借りながら練るものでしょう。
そして新たな平和憲法の内容を出して、これで良いかどうか国民に問うのが筋道というものです。

その工程を避け、論点をアベノミクスの継続か否かというものにすり替え、どさくさに紛れて、一気に右傾化の道に進んでやろうというのが安倍政権の正体だと思います。

選挙は何度でもあります。
厳しい目で巨大政党の動きを見張り、一日も早く軌道修正が図られるよう準備するのが、これから有権者がすべきことだと思います。

とりあえずは、その最大の被害者になる可能性のある子どもの代わりに、良識ある一票を投じにいくのが大人の務めです。
地域によっては雪のなかとなるかもしれませんが、投票所に足を運びましょう。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

投票に入れる政党がないが、投票には行きます。市役所に夫婦して出ている友人が、一度選挙があれば、日当でテレビがかえると言ってました。まったくの無駄使いです。何とかならないものでしょうかね。うらやましい限りです。

No title

ふくちゃんさん
コメントありがとうございます。

ほぼ一日拘束されるわけですから、人件費も馬鹿にならないでしょうね。
大義のない選挙を平気にやる安倍さんの神経を疑います。
その時点で首相として失格でしょうね。

そうでした…

おはよーぃ( ´Д`)ノ

記事を拝見するまで投票日なのを忘れてました…(汗)

昨日、駅での待ち合わせで…
自民の演説をたくさん聴いてたのにねぇ(´д`)>

支持政党は無いけども…
巨大政党に一石を投じるか…
右傾化に目をつぶって景気対策にかけるか…悩むなぁ…。

No title

ま、投票には行きましょう。
ですね。私も同感です。
どのような立場であれ、選挙に行くことは平等です。

オーストラリアみたいに選挙に行かなかったら、
罰金とかにしてもいいような気がするけどなあ。。。

悪しき前憲法への逆戻り

>問題なのは、今行われようという改正が、平和憲法の進歩ではなく、悪しき前憲法への逆戻りになりつつあるということです。

●同感です。
 そして、それを応援している腐ったマスゴミに反省させましょう。

No title

Soiveさん
コメントありがとうございます。

どの選択が正しいのか迷うのが正直なところでしょうね。
自分で決断するしかありません。
行かないのも意志ですし。
私も積極的におす党はありません。
ただ与党と間逆な党に一票を投じようかと思ってます。

No title

LandM さん
コメントありがとうございます。

ま、とりあえずは、投票ですね。
橋下さんは、すでに完敗を認めたようですが、あの人は極端すぎます。

No title

ささげくんさん
コメントありがとうございます。

自公の圧勝という予測を流して、投票に行く気を失わせるという、自公と組んだ巨大マスコミの罠にはまってはいけませんよね。
政治の番人としての役目を果たしてもらいたいものです。

No title

投票行ってきます。
今回は行くべき選挙でしょう。

こんにちは~。

我が家はこれから選挙に行きます。
なんとか流れを変えたい!
もう少し野党が~(゚ー゚;

昨日の漫画、娘に見せました!
感嘆していました!
あの漫画のような将来にはなって欲しくないからこそ、今。ですね!

No title

椿 さん
コメントありがとうございます。

私は午前中投票に行ってきました。
前回の参院選は白けていかなかったので、今回はそれではいけないと反省しまして。
やることだけはやって、少しは気が楽になりました。
結果はどうであれ、一国民としてやるべき事をやって、国をよくしていきたいと思った次第です。

No title

冷凍SANMAさん

本当に有難うございます。
この選挙の最大の被害者になりうる次世代の有権者であるお子さんにも訴えたかったので、娘さんの反応に喜びを感じました。
今回の選挙で与党の思う通りの結果になっても、いい加減な政治を行えば、再び国民はノーという意志を示すはずだと信じています。
誰も自分の子供達を戦地へ送りたくはないはずです。
家族の幸せを守るために国の存在価値があるのであって、それが家族の幸せを奪うものへと転換すれば、国の存在価値が低落してしまうからです。
僕は日本人を信じています。

こんにちわ^^

マトモな民主主義国である為には、同等の勢力を持つ二つ以上の政党が必要です。
国民が「自民党」に一極集中すると、戦前の日本や、ナチスドイツの再現になります。
「権力は分散させる」のが、民主主義の鉄則…政治家に強い力を持たせない方が国民の為になります。
日本人はムードで選びますが、米国では例え共和党支持者でも、民主党に投票する習わしがあります。
常に権力のバランスを取り、権力が一極集中しない様に、論理的な選択をしてる訳です。米国民は賢いですね^^

No title

sado joさん
コメントありがとうございます。

欧米のほうが民主主義の先輩なだけあって、その本質を理解した行動を起こしますよね。
日本はまだまだです。
数が確実に取れるから公明党と組み、公明党も与党になれるから自民党と組むという、数さえ取れれば手段を選ばない発想が、野党がパワーダウンしているときを狙って選挙をしてしまえという卑怯な行動につながっているのだと思います。
国民のためではなく、党利党略のための選挙はかんべんしてもらいたいです。
こんな暴挙を行う時点で、すでに右翼政党です。

No title

選挙いってきましたよー。

母は戦争中が 適齢期だったのに、皆、死んじゃって、、。
戦争が終わってから結婚したけれど、、、きっと、、、好きな人いたんじゃーないかしら?

可愛そうだから、子供心でも聞けなかったヨ。
男性が居なかったから、結婚はあきらめていたと言っていました。

No title

おこちゃんさん
コメントありがとうございます。

きっと想っていた人がいたでしょう。
そういう辛さを子供や孫に味あわせたくありませんよね。

こんばんわ

うーむ( ・ั﹏・ั)政治の話は避けようと思ったのですが(汗)

私は完全に安倍政権は否定していないんですね。
どっちかというと中国に馬鹿にされるのはなんか嫌だ( ゚д゚)、ペッとか思ってますから、アメリカの力を借りなくても、正々堂々と国を守ることができるようになってほしいと思っています。

考え方はひとそれぞれなので、どんな意見も私は否定しませんが(o´罒`o)

ただ私の考えを書いて気を悪くされないか心配です☆
ただの戯言とでも思ってください(・∀・)

No title

こんばんは。

なかなか考えさせられる漫画でした。
色々な視点から政治をとらえていかなくてはいけませんね。

このようなことに気づかせていただき、ありがとうございます!

No title

PHiRoさん
コメントありがとうございます。

いやいや、人それぞれ意見がありますからかまいません。
政治の話はデリケートなので難しいですよね。

No title

おっしー さん
コメントありがとうございます。

意見はいろいろなので、いろいろ言うこともいいのではないかと思い投稿しました。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。