スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草の風

僕は彼女と別れようと思う。
彼女のが嫌いになったからではない。
むしろその逆で、会えば会うほど彼女への思いは強まる。

彼女と別れようと思う理由は、僕に彼女を幸せにする自信がないからだ。

僕は、自動車販売会社で営業の仕事をしている。
元来の口下手なので、成績は振るわない。
明らかにこの仕事に向いているとは思えない。

他の仕事を探してみようと考えることもあるが、バイトでの苦い記憶が僕を臆病にする。

大学時代、就職活動前に適職を見つけようと、いろんなバイトをやってみた。
たとえば、菓子工場、土方仕事、コンビニ、事務処理などなど。
どれもうまくいかなかった。

結局は、人間関係をうまく築けない内向的な僕の性格に問題があるのだと思う。
こんな社交性のない僕がほかの会社に移っても、うまくいくはずがない。

だからうじうじとして、今の仕事に踏みとどまっている。
自分で言うのもなんだが、実に男らしくないやつだ。

しかし今日は、男らしくきっぱり彼女に別れを告げようと思う。

最後の思い出づくりのために、映画をみた後、奮発してリッチなレストランで食事をし、その食後の散歩に立ち寄った公園で、僕はついに胸の内をあけようと重い口を開いた。
「あのさ‥」

「あの女の子たち、野球うまいね」
彼女は、僕の出鼻をくじく明るい声をあげた。

僕達がいる公園の隣には、市民がつかう運動場が隣接されている。
その運動場では、小学生くらいの女の子たちが、揃いのユニフォームで野球をやっていた。

「あたし、小学生の頃、あの子たちと同じように野球やっていたんだよ」

「そうなの」
初耳だった。
彼女は僕と真逆の活発な性格で、運動も得意そうだった。
そういえば、野球にも詳しくって、そういうものに関心のない僕に教えてくれることもあった。

彼女は、昔を思い出すように目を細めながら言った。
「あたしね、こう見えても、昔は超内気な女の子だったんだよ」

「えっ…」
それも初耳。

「そんなあたしを心配してさぁ、お父さんがあたしを知り合いの人がやっている少女野球チームに入団させたんだ」

「へぇ」

「でもね、全然ダメでさぁ。チームにもなじめなかったし、怖くてキャッチボールもできなかった」

「うん」
運動場でキャッチボールをやっている女の子たちを見ると、男子顔負けの力強いボールを投げている。
あれでは、初心者の女の子では恐怖を感じてしまうに違いない。

「そしたら、あやちゃんっていう子がいてさぁ、その子が優しく投げるからあたしとキャッチボールをしようよって誘ってくれたの」

「ふうん」

「でも、あたし怖くて、ボールから逃げてばかりいた。そして自信がないから、無理だと泣き言をいったわ」

「うっ…」
これから別れる理由として言おうとしていたことを先に言われてしまい、僕はつばを飲み込んだ。

「そしたらね、あやちゃんこう言ったの。自信なんて、みんな最初ないんだよ。でも、自信なんて待っていたら、いつまでも成長しないんだよ。だからひとりでいちゃダメ。あたしつきあうから、頑張ろうよ。そうすれば、自信もだんだんついてくるよ、って」

「そうなんだ…」
僕は、まるで彼女に心のなかを見透かされているような気がした。
そして、もう彼女に自信がないから別れようなんて言えないなと思った。

そのかわり、新たに芽生えた気持ちを彼女に伝えることにした。
「あのさ、僕のとなりでいつまでも一緒に歩いてくれないか」
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

おはようございます

今日は各地でお天気大荒れの様子に、暴風大雪にならないといいなと心配な朝でしたが、ちょっと気持ちが和みました。
マウントエレファントさまも、お気をつけてお出かけください(*^^*)

No title

いい話、じーんとくる話。
うん、いいなぁ、こういうの

No title

男の人って結構、彼女を支えなきゃとか、
自分がしっかりしなきゃとか、
思いすぎて自縄自縛に陥ることがあるように思えます。

女は案外、一緒にいてくれるだけで嬉しかったりするよ?
……と思ったり。

素敵なお話ありがとうございました。
このお話の二人に幸あれ。

さわやかさを感じさせる短編でした

さわやかさを感じさせる短編でした。

この短編を読んで、「誰でも最初はへた(初心者)だった」を思い出しました。
草々

No title

こんにちは。お邪魔します。
自信なんて待っていたら、いつまでも成長しないよ! って
いい言葉ですね。小学生のあやちゃんに教えられたオバチャンです・・・
f(^^;

こんにちわ^^

「人は過ちを重ねる事によってしか進歩しない動物だ」
アニメ「コッペリオン」(井上智徳:原作)の名セリフを思い出しました。
馬鹿みたいに何度も痛い目に遭わなきゃ前に進めない…それが現実ですね。
分かっていても、その度に痛い思いをしてます(笑)

いいなぁ~^^

こんにちは~。

とってもいいお話(*^-^*)
なんだかジ~ンときちゃいましたよ(゚ーÅ)

私、きっと彼女のほうから「自信がない」って別れを切り出されるストーリーなのかなって思って見ていました。

これ、もしかしたら、マウントエレファントさんの実話~?^^

P.S. 娘は小学生の頃、少年野球チームに所属していました。

こんばんわ

多分、彼女は普段から彼の行動や言葉などから感じ取っていたのかもしれないですね。彼の心の動き(✿ฺ´∀`✿ฺ)

素敵な女性が出てきて嬉しいなあ☆

世の中、ブラックなストーリーが受ける傾向にありますが、私はやっぱり暖かくなるお話が好きです。

No title

レディピアノさん
コメントありがとうございます。

今日は大荒れの天気で通勤大変でした。
少しでも気持ちが和らいでいただければ、この上なくうれしいです。

No title

のぶりんさん
コメントありがとうございます。

久々のショートショート。
自信がないからこそ、パートナーが必要なんだと思い、それをショートショートにしてみました。

No title

椿さん
コメントありがとうございます。

そうなんですよね。
自信がつくのを待っていたら、いつまでたってもプロポーズできません。
一緒に歩んでいく中で励ましあって、自信がもてていけばいいじゃないですか。
というより、一緒に歩むから自信がついていくものと思います。

No title

ささげくんさん
コメントありがとうございます。

車だって誰もが初心者からスタートするのであって、自信満々なベテランからスタートするわけではないんですよね。
結婚も同じだと思います。

No title

おきまちあきさん
コメントありがとうございます。

あまり臆病では、いつまでたっても成長しないんだと、教えられますね。
失敗しながら自信はついてくのだと思います。

こんばんは。

温かい希望を運んでくれる、そんなお話でした。
最初から完璧な人間などいませんものね。

No title

sado jo さん
コメントありがとうございます。

年をとるごとに、人は失敗を恐れるようになります。
守るものとか、体面とか、いろいろ増えますからね。
若いうちの失敗は勉強だと思い、もっとやっておけばよかったと思う今日このごろです。

No title

冷凍SANMAさん
コメントありがとうございます。

私の体験談ではないのですが、自信をついたら結婚すべきだと想っていた若いころを思い出し、ふと、そうではないんじゃないかと思い直し、ショートショートにした次第です。
年をとってわかることも多いですね。
女の子で少年野球って、とてもいいと思います。

No title

PHiRoさん
コメントありがとうございます。

最近、ギスギスしたニュースがおおくて疲れたので、心温まる話を書きたいという衝動に駆られ、投稿しました。

No title

野津征亨さん
コメントありがとうございます。

そうですよね。
最初から完璧な人なんていないし、相手も完璧な人ではなく、あなたというその人を愛しているんです。
恋に理由なんてないんですよね。

No title

こんばんは~。

いいね!こういう話~♪

ほのぼのとして、今日の強風と寒さが吹っ飛ぶ程
心が暖まりました~(^-^)/

いつも、マウントエレファントさまの実話かと勘違いしてしまいます(笑)

No title

ぼけっちさん
コメントありがとうございます。

寒い日に少しでも心を暖められれば、これに勝る幸せはありません。
実話のようにみえて実話ではないんですが、こんなことを言ってくれる彼女がいたら、いいですよね。

No title

素敵なお話でした。

彼女に見透かされているので、この二人が結婚して、浮気したら、直にバレちゃうねぇ〜。(⊙⊙)

No title

こんにちは。
いい話です。
子どものころとにかく外で暴れまくる元気者でした。
ソフトボールクラブにも入っていたんですよ。
今ではルールもすっかり忘れましたけど。

中学に入ってから人見知りの内向き人間になっちゃいましたけどね。
彼女と逆だなあ。

No title

おこちゃんさん
コメントありがとうございます。

そういう恐れもありましたか。
気がつきませんでした。

No title

黄色木香薔薇さん
コメントありがとうございます。

そうなんですか。
中学になると思春期になって、知り合いの人にあっても無邪気に挨拶できなくなることはよくありますよね。

良いお話でした。

おはようございます。
初めましてですね。
よろしくお願いします。

初め小説と思わないで読んでいました。
とても良いお話でした。

No title

勘太さん
コメントありがとうございます。

今後は心温まる小説もなるべく書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします。
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

マウントエレファント

Author:マウントエレファント
アルパカとバラとスプリング、つまり春(おまえはルー大柴か)を愛するナイスミドル?なサラリーマンです。でも同僚には、そんな趣味、ばらしません。キモイっていわれますから。残念!(古っ!)

にほんブログ村
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 小説ブログ SF小説へ
にほんブログ村 にほんブログ村 イラストブログ 挿絵へ
にほんブログ村 にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
にほんブログ村
人気ブログランキング
ランキングに参加しています。投票していただけると励みになります。
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
321位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SF
2位
アクセスランキングを見る>>
最新記事
カテゴリ
英検準1級単語ドリル 黒猫版
日々の努力が実を結ぶ

計算×50
頭の体操にどうぞ
名言
不安な明日も先人の励ましで乗りきりましょう

地球の名言 -名言集-

最新コメント
お気軽にコメントをどうぞ
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
リンクフリーです
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新トラックバック
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。